catch-img

初心者向けJavaの基礎知識。おすすめの学習方法も紹介

Javaは世界的に見ても人気の高いプログラミング言語で、習得を目指すエンジニアは少なくありません。Javaを初心者が学ぶ場合にどのように学べば良いのか、学習方法やコツを解説します。Javaの基礎知識と合わせて見ていきましょう。

目次[非表示]

  1. 1.Javaとは?
    1. 1.1.世界的にも人気の高いプログラミング言語
    2. 1.2.Javaの歴史
  2. 2.Javaの特徴を解説
    1. 2.1.オブジェクト指向
    2. 2.2.ガベージコレクションによるメモリ領域の整理
    3. 2.3.OSに依存しない
  3. 3.Javaを学ぶメリット
    1. 3.1.処理速度の速さ
    2. 3.2.セキュリティの高さ
    3. 3.3.ライブラリとAPIの豊富さ
    4. 3.4.学ぶための教材を見つけやすい
  4. 4.Javaを効果的に学ぶ方法
    1. 4.1.基礎から学ぶならWebサービス
    2. 4.2.学びたいモノを取捨選択する書籍
    3. 4.3.実践的なスキルを学べる研修
  5. 5.研修により実践的な知識を身につけよう
    1. 5.1.研修にはどんなメリットがあるか
    2. 5.2.ジョブサポートのエンジニア研修
  6. 6.初心者がJavaを学ぶには適切な学習方法を


Javaとは?

Javaはプログラミング言語として有名で、昔からエンジニアの間ではよく知られた言語です。とはいえ、初心者の中には具体的にどんな言語なのかは知らない人もいるのではないでしょうか。

そこでまず、Javaとはどのような言語なのか、概要や歴史について学んでいきましょう。

世界的にも人気の高いプログラミング言語

Javaは世界的に人気の高いプログラミング言語です。プログラミング言語の検索数を集計している『TIOBE  index』を見ると、2000年のランキングではJavaとC言語が長く上位を独占しています。

また『C++』『Python』と並ぶGoogleがよく使う3大言語の一つにカウントされていることでも知られている言語です。

Javaを使ってシステムやサービスを開発している企業も多く、今後もJavaは主流のプログラミング言語として活躍することに期待が持てます。

Javaの歴史

1991年にアメリカのSun Microsystems(サン・マイクロシステムズ)社が、電化製品用のプログラムを開発しました。

その後、改良が重ねられて1996年に正式発表されたのがJavaです。 1999年にはプラットフォームのための構成を「ソフトウェア開発業者」「サービス提供業者」「デバイス製造業者」の3つのマーケット向けに再構築され、ますます利用者が増えました。

2005年にはJavaの開発者数が450万人を超えたといいます。 2007年にはGoogle社がアプリケーション開発にJavaを採用したAndroidを発表したことで、スマホ市場でもJavaは主流となっています。

サン・マイクロシステムズが2010年にOracle社に買収されたことなどから、JavaもOracle社の商品の一つとなっています。

Javaの特徴を解説

プログラム言語は言語ごとにさまざまな特徴を持っています。ここではJavaの特徴に注目して、Javaがどんな特徴を持っているのかを見ていきましょう。

オブジェクト指向

Javaはオブジェクト指向のプログラミング言語です。オブジェクトというのは、「モノ」のことで、オブジェクト指向とはプログラムをモノとみなして、使いたいモノの属性や動作をあらかじめ決めておき、それを操作するという考え方を指します。

例えば、車には、電気自動車やスポーツカーなどさまざまありますが、これらに共通する「車」の設計図は、それぞれに車種によっていちから作る必要はありません。

この車のようなモノとモノの共通事項などをオブジェクトと定義するのがオブジェクト指向の考え方です。 オブジェクト指向が理解できると、さまざまな開発に利用することができます。

Javaの応用性の高い理由の一つが、このオブジェクト指向なのです。

ガベージコレクションによるメモリ領域の整理

Javaにはガベージコレクションという機能があります。これは、実行中のプログラムが使っているメモリ領域のうち、不要になったメモリを次々と開放していくという機能です。

これにより、メモリ領域の二重開放や参照の無効化を防止することができます。

使われないデータはいずれ蓄積を続け、容量を圧迫してしまいますが、それを防ぐことができるのが、このガベージコレクションです。

OSに依存しない

プログラム言語の中には、Windowsの方が適していたり、Macでしか動かなかったりと、OSに依存するものもあります。

Javaの場合はJVM(Java virtual machine、Java仮想マシン)で動いているため、OSに依存しないという特性があります。

WindowsでもMacでもLinuxでも、Javaで作ったプログラムは動かすことができるのです。 大きなプロジェクトの場合は大人数で作業することもあります。

人数が多ければそれぞれに開発環境が異なり、進行に支障が出てしまうこともありますが、Javaの場合はこれが出にくいのです。OSに依存しない点は、Javaが人気の理由の一つと言えるでしょう。

Javaを学ぶメリット

Javaが人気がある理由は、Javaで開発することに多くのメリットがあるためです。Javaには他言語と比べてどのようなメリットがあるのかを解説します。

処理速度の速さ

Javaは実行速度が速いことでも知られています。その理由はJavaはコンパイラ型言語であるためです。

プログラミング言語は、命令を一つずつオブジェクトコードに変換しながら実行していくインタープリタ型言語と、ソースプログラムをすべてオブジェクトコードに変換してから実行するコンパイラ型言語に分類されます。

コンパイラ型言語の方が処理速度が早いため、数あるプログラミング言語の中でも処理速度が速いことが、Javaの大きなメリットの一つです。

セキュリティの高さ

Javaは元々のハッキングのされにくさに加えて、オブジェクト指向であることがセキュリティを高める要因となっています。

セキュリティに関する機能そのものをJavaで開発することが可能です。 そのため、Javaは一定水準以上のセキュリティが必要な、大人数向けのプロジェクトなどでしばしば活用されます。

セキュリティの高さも、Javaを使う上でのメリットと言えるでしょう。

ライブラリとAPIの豊富さ

ライブラリとは、プログラムを組む上であらかじめ必要なソフトウェアやデータを集めたパッケージのことです。

ライブラリがあると、いちからプログラムを組むことがないので、開発時間の短縮や大人数でプログラムを組む際に連携がスムーズになります。

Javaは、ライブラリが豊富です。画像処理のための「OpenCV」や構文解析のための「JavaParser」など、用途に分けたライブラリがいくつもあります。 また、APIも充実していて、他システムとの連携をスムーズに行えるのがJavaの強みです。

ライブラリとAPIを使うことで、開発効率を高めることができます。

学ぶための教材を見つけやすい

Javaは人気のプログラミング言語であり、Javaを使うエンジニアや開発者が世界中に数多くいます。

彼らの作ったコミュニティWebサイト、販売している書籍など、初心者にとって非常に多くの教材がJavaにはあるのです。

マイナーな言語の中には、学ぶための資料はおろか、日本語で書かれたガイダンスも存在しないものもあります。

そういった言語よりもJavaは初心者にとって学びやすい言語といえるでしょう。

Javaを効果的に学ぶ方法

Javaを効率的に学ぶには、どのような方法を採れば良いのかを解説します。学習の手段として参考にしてください。

基礎から学ぶならWebサービス

Javaについて概念や仕組みについていちから学びたいのであれば、学習サイトなどのWebサービスを活用しましょう。

知識としてだけではなく実践的なスキルを手に入れることができます。 コードを書きながら学べる『プロゲート』や、動画で学べる『ドットインストール』など、人気のWebサービスもあり、自分のスタイルに合わせて学習方法を選べます。

月額1000円程度のサービスも多く、低コストで学習できるのもポイントです。

学びたいモノを取捨選択する書籍

Webサービスやスクールと比較すると、書籍だけの学習は効率が落ちるかもしれません。書籍のメリットは、自分が学びたいジャンルやポイントについて、より詳しく学べるという点です。

JavaはWeb開発から電子機器のプログラムまでできることが多い反面、学習することも幅広くなってしまいます。

書籍であれば、基礎から丁寧に学べる総合学習書籍を買う、Webアプリ開発に特化した本を買うなど、学びたい用途に合わせて内容を取捨選択して選ぶことが可能です。

基礎について、分かりやすく書かれたものも多く、初心者から上級者まで、目的に合わせた書籍を選ぶことで、自身に今もっとも必要な知識を補うことができます。

実践的なスキルを学べる研修

研修では、対象者のレベルと目的に合わせた内容に沿ったものが行われ、短期間でもエンジニアとしてのスキルを一気に磨くことが可能です。

実際に現場で活躍した経験のあるエンジニアからの手ほどきを受けられるため、本やWebサービスでは学ぶことのできない実践的な知識を得ることができます。

短期間で効率的な学習として、研修はおすすめの学習方法でしょう。

研修により実践的な知識を身につけよう

研修についてさらに掘り下げて解説します。研修を行うメリットや、エンジニア研修を行っているサービスを紹介しましょう。

研修にはどんなメリットがあるか

書籍やWebサービスでは、学ぶペースも個人に依存してしまいます。仮に本をすべて暗記したとしても、現場で通用するとは限りません。

研修は現場経験のあるエンジニアやプログラマが、それまでの研修をもとにして組まれた最適なカリキュラムを実行します。

その結果として即戦力となれるJavaのスキルを得ることができるのが最大のメリットです。 加えて、研修にプランやコースが設定されている場合は、たとえ要求水準が高くても、それに応えられるだけのスキルを得られるのもポイントです。

書籍やWebサービスではたどり着けない領域まで、スキルを引き上げてくれます。

ジョブサポートのエンジニア研修

エンジニア向けの研修をサービスとして実施している企業の中でも、『ジョブサポート』はプログラミング言語ごとに分け、研修内容も数日から数カ月単位まで、要求するスキルによって細かく選ぶことができます。

すでに2500人以上のエンジニアの教育実績があり、リピート率も90%と満足度も高めです。研修を行うのであればジョブサポートを検討してみてはいかがでしょうか。

初心者がJavaを学ぶには適切な学習方法を

Javaはプログラミング言語の中では初心者には難しい部類に入ります。

それでも多くのエンジニアが現在もJavaを使っているのは、処理速度の速さ、オブジェクト形式、OSに影響されにくいといった多くのメリットがあるからです。

適切な学習方法を選択することで、初心者であってもJavaを習得することは可能です。

特に実践レベルのスキルを獲得するのであれば、研修という方法も視野に入れてみましょう。

プロエンジニア育成コース(Java,SQL,Spring) 短期通学講座、オンライン・リモート講座 (Java,HTML5・CSS・JavaScript)について お気軽にお問い合わせ下さい。