catch-img

効果的なJavaトレーニングの方法は?外部研修の利用もおすすめ

社員にJavaを習得してもらいたくても、トレーニング方法が分からない担当者も多いでしょう。スキルアップのポイントを押さえておけば、より効率良く学習を進めてもらえます。Javaトレーニングで大切なことや、学習効果を高めるコツを解説します。

教育実績2500名以上、個別指導で「IT知識の格差」を埋めるJava研修(1~3ヶ月)はこちら

目次[非表示]

  1. 1.Javaは新人エンジニア研修での人気が高い
    1. 1.1.Javaの支持が高い理由
  2. 2.Javaトレーニングの心構えや重要なことは?
    1. 2.1.手を動かすのは基本
    2. 2.2.Javaのプログラミングの基礎を理解する
    3. 2.3.書籍や学習サイトを活用する
    4. 2.4.Javaに強い研修やスクールを利用する
  3. 3.Javaのスキルを着実に磨いていくには?
    1. 3.1.Webアプリを作成する
    2. 3.2.SpringBootを使いこなす
    3. 3.3.認定資格の取得を目ざす
  4. 4.効果的なJavaトレーニングで確かな育成を

Javaは新人エンジニア研修での人気が高い

新人エンジニア研修で学んでもらう言語として、Javaが根強い人気を誇っています。多くの企業から研修テーマとして支持を集めている理由を解説します。

若手、新人エンジニアの成長を阻む 人材育成5つの失敗と解決策はこちら

Javaの支持が高い理由

JavaはOSを問わずプログラムを動かせる言語です。開発環境に依存しないため、使い勝手の良い言語として人気を集めています。 オブジェクト指向言語であることもポイントです。『モノ』を関連付けて組み合わせながらプログラミングできるため、開発や修正をしやすい特性を備えています。 情報量が多く、資格も多数用意されていることから、学習環境を整えやすい点もメリットです。開発需要や将来性も高いため、Javaを扱えるエンジニアがいれば多くの案件を受注できるでしょう。

開発環境(言語、バージョンなど)に影響されない新人Java研修(2~3ヶ月)はこちら

■関連記事

  エンジニアの問題解決力を養うには?おすすめの鍛え方を解説 | Java・フロントエンド研修のジョブサポート エンジニアの問題解決力を高めれば、トラブルが発生した際に適切な対応を取れるようになります。優秀な人材を育てるためには、技術面だけでなく精神面も鍛えることが重要です。問題解決力の重要性や、効果的な鍛え方を紹介します。 Java・フロントエンド研修のジョブサポート


Javaトレーニングの心構えや重要なことは?

新人社員にJavaを習得してもらうに当たり、意識しておきたいことを解説します。以下に挙げるポイントを押さえておけば、効率良くJavaを学んでもらえるでしょう。

手を動かすのは基本

Javaに限らず、プログラミングを学ぶ際は、とにかく手を動かすのが基本です。書籍やインターネットの解説を読んだだけでは、理解したつもりで終わってしまいます。 パソコンを使って、実際に簡単なプログラムを組んでみることで、作成したプログラムに対するフィードバックを得られます。この作業を積み重ねれば、より早くスキルを習得できるでしょう。 特に、プログラミング初心者の場合は、書籍のコードを丸ごと写して書いてもプログラムが動作しないことがあります。実際に手を動かすことで、何が足りないのか判断しやすくなる点もメリットです。

Javaのプログラミングの基礎を理解する

初心者がJavaをマスターするためには、最初にJavaのプログラミングの基本を理解しなければなりません。構文や書き方など、基礎となる部分の学習に時間を割きましょう。 Javaを勉強するに当たっては、オブジェクト指向の理解が必要となります。オブジェクト指向とは、プログラムを『部品』に分けて考え、組み合わせて一つのプログラムを作るという概念です。 多くの初心者が学習の初期段階でつまずきやすい部分であるため、最初は大まかに理解することを目標にしましょう。Javaに慣れてくれば、オブジェクト指向への理解も深まります。

書籍や学習サイトを活用する

Javaの学習を独学で進めるなら、書籍や学習サイトを利用するのが効果的です。書籍に関しては、Javaに特化した参考書が多数販売されています。 プログラミングを体系的に学べる点が、書籍を活用するメリットです。基礎から応用までの勉強を、自分の理解度に合わせて進められます。 Javaを学べる無料の学習サイトも、インターネット上で数多く見つかるでしょう。書籍と違い、端末を用いて勉強できるため、実際に手を動かしながらの学習をしやすくなります。

Javaに強い研修やスクールを利用する

本格的にJavaを習得してもらいたいのであれば、外部の研修サービスやスクールを利用するのもおすすめです。研修費や学習補助費などの費用負担は発生しますが、確かなスキルが身に付きやすくなります。 社内研修を実施すれば、プログラミング初心者でもある程度の知識や技術を習得できるため、社内のITリテラシーも向上するでしょう。 研修やスクールなら、質の高い講師に教えてもらえることもメリットです。個別指導が可能なサービスなら、社員のスキルレベルに合わせて効率良く学習を進めてもらえます。

個別指導で学ぶJava短期講座(入門5日、基礎10日)はこちら

■関連記事

  新人SEに必要な研修とは。基本を抑えスキルレベルの差を埋める | Java・フロントエンド研修のジョブサポート 自社で新人SEを教育できる人材がいない場合、外部による研修を検討する企業も多いでしょう。スキルに差があると、業務内容にばらつきが生まれ安定しないため、適切な研修が求められます。新人SEに求められるスキルや、研修の選び方を解説します。 Java・フロントエンド研修のジョブサポート


Javaのスキルを着実に磨いていくには?

Javaを効率良くトレーニングするためのポイントを紹介します。比較的難易度が高いJavaでも、スキルアップのコツをつかめば、着実に技術を磨いていけるでしょう。

全国の若手~ベテランエンジニアが受講している短期で基礎を習得できる個別指導のオンライン・リモート講座(入門5日・基礎10日)はこちら

Webアプリを作成する

Javaは基本的に何でも作成できるプログラミング言語です。特に、WebアプリやAndroidアプリ、企業の大規模システムなどの開発に適しています。 Javaのスキルがある程度身に付いたら、Webアプリの作成にチャレンジしてみましょう。最初に自作するものは、簡単なプログラムで作成できるものでも構いません。 実際に手を動かして自作すれば、フレームワークやサーバーなど、開発に必要な環境の知識も蓄えられていきます。より実践的なスキルを身に付けるための、最も有効なトレーニング方法です。

SpringBootを使いこなす

Javaの学習を進めていくと、SpringBootと呼ばれるフレームワークをよく目にするようになるでしょう。SpringBootは、JavaでのWebアプリ開発をより効率良く行えるフレームワークです。 SpringBootを使えば、最小限のコード量と設定でアプリ開発を行えます。プログラムをすぐに実行できる仕組みが実装されている点も特徴です。 Java文法を学んだだけで、開発に携われる業務はほとんどありません。SpringBootに関する知識は必須と理解し、フレームワークでしっかりと学習できるようになりましょう。

認定資格の取得を目ざす

Java関連の資格取得を目ざして学習すれば、勉強の目的を定めやすくなるため、より早く確実にスキルが身に付きます。 Javaの認定資格の中で代表的なものが、開発元であるOracleが実施する『Oracle認定Javaプログラマ』です。ランクが3段階に分かれており、受講者のスキルレベルに合わせて選択できます。最も簡単なシルバーから挑戦するのがおすすめです。 『Javaプログラミング能力検定試験』も、Javaのスキルアップに役立つでしょう。3級から1級まで用意されており、実技試験となる1級を受ければ、高いレベルでの腕試しができます。

■関連記事

  Javaはオンライン学習できる?社員研修を行う際の注意点は | Java・フロントエンド研修のジョブサポート 時代に即した新言語が注目される中、Javaは歴史が長く、今も人気がある言語です。難易度は高いものの、システムの基幹にしている企業が多く、将来的にも需要が見込まれています。研修を実施する際のポイントや、オンライン学習のメリットを解説します。 Java・フロントエンド研修のジョブサポート


効果的なJavaトレーニングで確かな育成を

 Javaは新人研修で人気が高いプログラミング言語です。Javaトレーニングを効率良く進めるためには、とにかく手を動かすことや、基礎を理解することなどを意識する必要があります。 本格的な習得を目ざすなら、Javaに強い研修やスクールの活用も有効です。効果が期待できる対策を積極的に講じ、Javaを使いこなせる人材を育成しましょう。

法人研修の実績2500名以上!若手、新人エンジニア採用後

Java研修はジョブサポートお任せ下さい


ジョブサポートでは通年開講で貴社の希望開始日に合わせたJava研修(通学、オンライン・リモート講座)を行っています。助成金を活用すれば費用負担を軽減して研修受講ができるのため若手、新人エンジニア採用計画と合わせてご検討下さい。

新人・若手エンジニアの基礎知識、ビジネススキルを強化

プロエンジニア育成コース(Java研修1~3ヶ月)


メールマガジンの購読設定

ジョブサポートの最新情報をお届けするほか、

人事、採用教育担当者、若手エンジニア向けに

役立つ情報をお届けします。

アップロードしています。少々お待ちください。