アフターコロナで働く新人・未経験エンジニアの「主体的に考える力」=問題解決力を鍛える

プロエンジニア育成コース
(Java・フロントエンド)


※新型コロナウィルス感染症の予防で通学に抵抗がある場合、
オンライン・リモートで同じ内容を受講できますのでご検討下さい。

ジョブサポートの
プロエンジニア育成コースの特徴

・開発環境(言語、バージョンアップなど)に影響されない技術を身に付ける

・社会人、エンジニアとしてチームで働く意識・責任感を養う

・エンジニア講師による「自学形式」と「コーチング」を組み合わせた指導

プロエンジニア育成コースでは、プログラミングの知識がない
新卒者や業界未経験者を中心に、開発言語に左右されず
エンジニアとしてプロのスタートラインに立つため
必要なスキルを身に付けます。


近年、在宅勤務など働き方の幅が広がると同時に業務効率化、
成果物の品質など結果を重視するプロフェッショナル化が求められています。
プロでも新人~ベテランと幅広く、求められる役割・成果は違いますが、
ジョブサポートでは労働環境の変化に対応できるプロ新人に育成をするため、
講義形式の比率を下げて、実務に近づけるため
「自学形式」・「コーチング」を組み合わせた教育を行います。

このスタイルではエンジニアに必要な技術力(Java・SQL・Spring、フロントエンド)の
強化はもちろん、コミュニケーション、仕事の進め方など期限内に仕事を完了するために
必要な
「主体的に考える力」を身に付けます。

「アルゴリズム」の学習から始まり、
最後にはインストラクタがPLとして作業指示を行い、詳細設計結合テストまでを行う
「Java開発演習(FW:Spring)」、テスト意識を重視し、
管理者からテストの重要性のレクチャーを受けるカリキュラムまでを行い、
「入門レベル~実践」を通した内容です。

本研修はJava2,3か月コースを中心に受講企業にも好評を頂き、
2500名以上の教育実績になっております。


プロエンジニア育成コース(Java1ヶ月)

■下記課題を感じられている 企業、受講者の方

          ・開発経験はあるが、スキルチェンジとしてJavaを基礎から

            時間をかけてしっかり学びたい方

           ・Java・SQLの基礎を一通り理解し、資格取得(Java Bronzeなど)が

            できるレベルを目指したい。

           ・インフラ、テスターなどの経験があり、配置展開でJavaの基礎を学ばせたい

プロエンジニア育成コース(Java1ヶ月) 
研修概要

アルゴリズム、Java文法、SQL文法など基礎を中心に幅広く学びます。
プログラミング、報告・連絡・相談の基礎知識などを身に付けたい方、
既にJava以外の言語で開発経験のある方、開発ブランクがある方など
スキルチェンジを希望される方に適したコースです。

※ IT基礎はカリキュラムに設定しておりませんが
「プログラムを組む」、「システム開発をする」ために
直結する部分で部分的に未経験者や理解度が低い方に深堀して教えたりしています。

プロエンジニア育成コース(Java1ヶ月)で期待すること・目的

              ・Javaプログラミング技術の習得はもちろん、オブジェクト指向の特性を理解させる。

              ・Webアプリケーションの仕組み、プログラムの書き方を習得させる。

              ・MVCモデルを意識した設計、プログラムの作成ができるようにさせる。

              ・Eclipseの高度で便利な開発支援機能に慣れる。

              ・SQLの基本的な内容を理解させる。

              ・報告・連絡・相談の基本的な知識を身に付け、実行する。

              ・日報の記載など振り返りを習慣化する。

研修環境

 言語  FW  ツール  APサーバ DB
  Java1.8、SQL  - Eclipse、 SVN  Tomcat8.0  PostgreSQL

 ※時期により変わる可能性があります。

研修カリキュラム

 研修課題  研修時間   研修時間:9時~18時 ※12:00-13:00は休憩時間
 研修課題目的  研修詳細

 

 オリエンテーション、

 

アルゴリズム


 

2日

 

(16H程度) 

 

・アルゴリズムを学びプログラムの考え方を理解、

 

 特定の問題を解く手順(アルゴリズム)を

 

 考えることができる。

 

・アルゴリズム、変数と代入文、フローチャートの理解

 Java基礎

 7日

 

(56H程度)

・Javaの基礎、プログラムの記述を学ぶ。
・オブジェクト指向の特性を理解する。

 

・プログラムの基本、変数、四則演算、比較演算子、

 

 論理演算子、型変換の理解

 

・配列、制御文の使い方

 

・クラスやオブジェクトの考え方、コンストラクタ、

 

 オーバーロード、クラスの継承、オーバーライド、

 

 インターフェース、例外処理などの理解

 

 SQL基礎

3日

 

(24H程度) 

・SQLの基礎、データベースの役割を理解する。

 

・データベースとは


・SELECT文、INSERT文、UPDATE文、DELETE文

 

・表の結合、グループ、副問い合わせ、クエリの結合

 

Java

 

Webアプリケーション

 

7日

 

(56H程度)  

・Webアプリケーション、MVCモデルの

 

 仕組み理解、APIドキュメントの読み方、

 

 使い方を学ぶ。

 

・よく使われるAPIの使い方


・JDBCの理解(データベースアクセス方法の理解)

 

・Servlet の理解、JSPの理解、HTML、JavaScript

 の理解

 

・MVCモデルの理解

 

※月の営業日数により課題の期間に変動があります。
※営業日が研修カリキュラムの予定より超過している場合は、
苦手箇所の復習・苦手分野の指導を行います。

Java1ヶ月コース料金 研修期間
165,000円(税別)

 

1ヶ月(1日8H・約150H)

 

※営業日数により時間に若干変動があります。

 

プロエンジニア育成コース(Java2ヶ月)

下記課題を感じられている企業、受講者の方

           ・言語知識、社会人経験はあるが実務未経験の方でエンジニアに

            新人研修として必要なスキル、考え方を学びたい

           ・Javaの基礎理解、Springを使用した開発体験をさせ

            Web系エンジニア職として仕事のイメージをつけたい

           ・配属先があり技術力、エンジニア組織で働くために

            必要なコミュニケーション力を身に付けたい

プロエンジニア育成コース(Java2ヶ月) 
研修概要

アルゴリズム、文法(SQL込み)、開発演習(Spring)など開発の流れを学びます。
研修期間中にビジネスマナー、コミュニケーション力など
チームで働く上で必要なスキルも同時に身に付きます。

※ IT基礎はカリキュラムに設定しておりませんが
「プログラムを組む」、「システム開発をする」ために
直結する部分で部分的に未経験者や理解度が低い方に深堀して教えたりしています。

プロエンジニア育成コース(Java2ヶ月)研修で期待すること・目的

 

             ・プログラミング基礎知識の習得はもちろん、オブジェクト指向の特性を理解させる。

             ・Webアプリケーションの仕組み、プログラムの書き方を習得させる。

             ・MVCモデルを意識した設計、プログラムの作成ができるようにさせる。

             ・実際のシステム開発を想定した、フレームワーク(Spring)を用いた開発を経験させる。

             ・詳細設計書作成、単体テスト仕様書などドキュメント成果物の作成を行い、試験を実施する。

             ・Eclipseの高度で便利な開発支援機能に慣れる。

             ・便利なクラスライブラリを使ったり、要件を満たす機能を実装したクラスライブラリがないかを

              調べたりする力を身に付けさせる。

             ・オブジェクト指向による処理の共通化や機能拡張を考慮したクラス設計など、

              より高度な次元での設計を意識させる。

 

研修環境

 言語  FW  ツール  APサーバ DB
  Java1.8、SQL  Spring Eclipse、 SVN  Tomcat8.0  PostgreSQL

 ※時期により変わる可能性があります。

研修カリキュラム

 研修課題 研修時間   研修時間:9時~18時 ※12:00-13:00は休憩時間
 研修課題目的  研修詳細

 

オリエンテーション、

 

アルゴリズム

 

 

2日

 

(16H程度)

・アルゴリズムを学びプログラムの考え方を理解、

 

 特定の問題を解く手順(アルゴリズム)を

 

 考えることができる。

・アルゴリズム、変数と代入文、フローチャートの理解

 Java基礎

7日

 

(56H程度)

・Javaの基礎、プログラムの記述を学ぶ。
・オブジェクト指向の特性を理解する。

・プログラムの基本、変数、四則演算、比較演算子、

 

 論理演算子、型変換の理解

 

・配列、制御文の使い方


・クラスやオブジェクトの考え方、コンストラクタ、

 

 オーバーロード、クラスの継承、オーバーライド、

 

 インターフェース、例外処理などの理解

 

 SQL基礎
 

3日

 

(24H程度)

・SQLの基礎、データベースの役割を理解

 

 する。

・データベースとは


・SELECT文、INSERT文、UPDATE文、DELETE文


・表の結合、グループ、副問い合わせ、クエリの結合

 

Java

 

Webアプリケーション

 

8日

 

(64H程度) 

・Webアプリケーション、MVCモデルの

 

 仕組み理解、APIドキュメントの読み方、

 

 使い方を学ぶ。

・よく使われるAPIの使い方


・JDBCの理解(データベースアクセス方法の理解)


・Servlet の理解、JSPの理解、HTML、JavaScriptの理解

 

・MVCモデルの理解

 

 

Java開発演習

 

※複数名の場合、

 

チームで実施 

17日

 

(136H度)

・MVCモデルを意識した設計、プログラムの

 

 作成ができるようにさせる。


・仕事の立振舞い(報告・連絡・相談、

 

 スケジュール管理など)を実践する。

・モックアップ、ユーザーインターフェース、

 

 シーケンス図等の基本設計書を参照にしながら

 

 詳細設計~ 結合テスト(テスト項目書の作成も実施)を

 

 実施。※テスト項目書の作成も実施

 

・FW(Spring)の理解。


・Eclipseの高度で便利な開発支援機能に慣れる。

 

 

 研修振り返り、

 

理解度テスト

 

 

1日

 

(8H程度)

・Javaの理解度確認

 

・2ヶ月の振り返りを行い、配属後の成長を促す。

・Java理解度テスト

 

・研修振り返り

 

※月の営業日数により課題の期間に変動があります。
※営業日が研修カリキュラムの予定より超過している場合は、
苦手箇所の復習・苦手分野の指導を行います。
 Java2ヶ月コース料金  研修期間
325,000円(税別) 

 

2ヶ月(1日8H・約300H)

 

※営業日数により時間に若干変動があります。

 

プロエンジニア育成コース(Java3ヶ月)

■下記課題を感じられている企業、受講者の方

           ・新卒者の技術力、ビジネススキルを総合的に強化し言語にこだわらず、

             新人研修としてエンジニア職へ配属できるレベルに育成したい

            ・全くの未経験から基礎から開発体験の流れを一通り経験、

             配属先で若手Web系エンジニアとして働ける実力を身に付けさせたい

            ・言語知識、社会人経験のある業界未経験者で技術力強化と

             プロ新人エンジニアとして働く意識、働き方を身に付けさせたい。 

プロエンジニア育成コース(Java3ヶ月) 
研修概要

Java2ヶ月コースと比較してより
基礎理解度を重視した未経験者向けコースです。
Java・Springを使用した開発演習の前にWeb開発を行う上で
理解が必要なMVCモデルを重点的に理解させる
実践課題・UNIXコマンドを加えたコースです。

※ IT基礎はカリキュラムに設定しておりませんが
「プログラムを組む」、「システム開発をする」ために
直結する部分で部分的に未経験者や理解度が低い方に深堀して教えたりしています。

プロエンジニア育成コース(Java3ヶ月)研修で期待すること・目的

 

 

             ・プログラミング技術の習得はもちろん、オブジェクト指向の特性を理解させる。

             ・Webアプリケーションの仕組み、プログラムの書き方を習得させる。

             ・MVCモデルを意識した設計、プログラムの作成ができるようにさせる。

             ・実際のシステム開発を想定した、フレームワークを用いた開発を経験させる。

             ・詳細設計書作成、単体テスト仕様書などドキュメント成果物の作成を行い、テスト工程を実施する。

             ・Eclipseの高度で便利な開発支援機能に慣れる。

             ・便利なクラスライブラリを使ったり、要件を満たす機能を実装したクラスライブラリがないかを

              調べたりする力を身に付けさせる。

             ・オブジェクト指向による処理の共通化や機能拡張を考慮したクラス設計など、

              より高度な次元での設計を意識させる。

 

研修環境

 言語  FW  ツール  APサーバ DB
  Java1.8、SQL  Spring Eclipse、 SVN、JUnit  Tomcat8.0  PostgreSQL

 ※時期により変わる可能性があります。

研修カリキュラム

研修課題

研修時間   研修時間:9時~18時 ※12:00-13:00は休憩時間
 研修課題目的  研修詳細

       

オリエンテーション、

 

アルゴリズム

 

 

2日

 

(16H程度)

・アルゴリズムを学びプログラムの考え方を

 

 理解、特定の問題を解く手順

 

(アルゴリズム)を考えることができる。

・アルゴリズム、変数と代入文、フローチャートの理解

 Java基礎
 

10日

 

(80H程度)

・Javaの基礎、プログラムの記述を学ぶ。
・オブジェクト指向の特性を理解する。

・プログラムの基本、変数、四則演算、比較演算子、

 

 論理演算子、型変換の理解

 

・配列、制御文の使い方


・クラスやオブジェクトの考え方、コンストラクタ、

 

 オーバーロード、クラスの継承、オーバーライド、

 

 インターフェース、例外処理などの理解

 

 SQL基礎

3日

 

(24H程度)

・SQLの基礎、データベースの役割を理解

 

 する。

・データベースとは

 

・SELECT文、INSERT文、UPDATE文、DELETE文

 

・表の結合、グループ、副問い合わせ、クエリの結合

 

JavaWeb

 

アプリケーション

 

基礎

 

12日

 

(96H程度) 

・Webアプリケーション、MVCモデルの仕組

 

 み理解、APIドキュメントの読み方、使い方

 

 学ぶ。

・よく使われるAPIの使い方
・JDBCの理解(データベースアクセス方法の理解)
・Servlet の理解、JSPの理解、HTML、JavaScriptの理解
・MVCモデルの理解

JavaWeb

 

アプリケーション

 

応用

 

 

11日

 

(88H程度)

 

・MVCモデルを意識したプログラムの

 

 作成ができるようにさせる。


・仕事の立振舞い(報告・連絡・相談、

 

 スケジュール管理など)を実践する。

 

 

・製造、単体テスト工程を実施

 

・Eclipseの高度で便利な開発支援機能に慣れる。

 

・要所でレビューを実施。

 

・テストツール(JUnit)の使い方を知る。

 

 

 

UNIXコマンド

 

2日

 

(16H程度) 

 ・Windows環境以外の環境理解と
  コマンドの使い方を学ぶ。
・UNIXコマンド基礎

 Java開発演習②

 

※複数名の場合、

 

チームで実施

17日

 

(136H程度)

 

・MVCモデルを意識した設計、

 

 プログラムの作成ができるようにさせる。

 

・チーム開発の場合、情報共有、チーム

 

 コミュニケーションの取り方を実践する。

 

・基本設計書を元に詳細設計~結合テストまでを実施。
 

 ※テスト項目書の作成も実施

 

 

・FW(Spring)の理解。


・Eclipseの高度で便利な開発支援機能に慣れる。

 

・要所でレビューを実施。

 

研修振り返り、

 

理解度テスト

1日

 

(8H程度)

 

・Javaの文法理解度の確認

 

・3ヶ月の振り返りを行い、配属後の成長を

 

 促す。

・Java理解度テスト

 

・研修振り返り

※月の営業日数により課題の期間に変動があります。
※営業日が研修カリキュラムの予定より超過している場合は、
苦手箇所の復習・苦手分野の指導を行います。
 Java3ヶ月コース料金  学習期間
 480,000円(税別)

 

3ヶ月(1日8H・約460H)

 

※開始月の営業日数により時間に若干変動があります。

 

 

プロエンジニア育成コース
フロントエンド
(HTML5・CSS・JavaScript1ヶ月基礎)

■下記に近い課題を感じられている企業、受講者の方

          ・配属先の社内システムの改修、Webコンテンツの簡単な修正ができるレベルを目指す方

           ・バックエンドからフロント側の開発に関わるために基礎から学びたい方

           ・未経験者からフロントエンドエンジニアとして基礎を学びたい方

フロントエンドコース
(HTML5・CSS・JavaScript1ヶ月基礎)
研修概要

アルゴリズム・HTML5・CSS・JavaScriptを学び、Webサイトを作成します。
未経験者はもちろん、スキルチェンジでフロント側の知識を学びたい方にお勧めのコースです。

※ IT基礎はカリキュラムに設定しておりませんが
「プログラムを組む」、「システム開発をする」ために
直結する部分で部分的に未経験者や理解度が低い方に深堀して教えたりしています。

フロントエンドコース
(HTML5・CSS・JavaScript1ヶ月基礎)
 研修で期待すること・目的

 

                   ・フロントエンドのプログラミング技術(HTML5・CSS・JavaScript)の習得。

                   ・Webアプリケーションの仕組み、プログラムの仕方を習得させる。

                   ・実際の業務を想定した、フロントエンド開発を経験する。

 

研修環境

 言語  FW  ツール  APサーバ DB
HTML5、CSS、JavaScript - Git、Bootstrap Chrome  -

 ※時期により変わる可能性があります。

研修カリキュラム

  
研修課題 研修時間 研修課題目的 研修詳細

アルゴリズム

 

テキスト

2日

 

(16H程度)

・フローチャートの書き方の理解

 

・アルゴリズム、変数と代入文、

 

 フローチャートの理解

 


フロント

 

エンド

 

テキスト

 

6日

 

(48H程度)

・HTML5・CSS・JavaScriptの文法理解。

 

・プログラムの読み書きができるようになる。

 

・Bootstrapと自作CSSとの違い

 

・Gitの使用用途を理解する

 

・HTML5、CSS基礎

 

・JavaScript基礎

 

・Bootstrap

 

・jQuery 

 

・Gitについて

 

開発課題

 

(自主制作)

 

 

11日

 

(88H程度)

 

・企画・設計からリリースまで行えるWebアプリケーショの作成。

 

・完成責任が身に付く

 

・テキストで学んだ知識を応用して

 

 Webサイトを開発

 

・スケジュール作成、UI設計~テスト

 

※月の営業日数により課題の期間に変動があります。
※営業日が研修カリキュラムの予定より超過している場合は、
苦手箇所の復習・苦手分野の指導を行います。
フロントエンド1ヶ月コース料金   研修期間
 165,000円(税別)

 

1ヶ月(1日8H・~150H)

 

※営業日数により時間に若干変動があります。

 


プロエンジニア育成コース(Java2・3か月)の受講者アンケート回答

2018-11-02 11:12

企業の新卒者・中途入社のプロエンジニア育成(Java2・3ヶ月)コースの受講者アンケートの回答結果を記載してました。Java研修基礎の難易度、研修開始前と開始後の仕事意識の変化など、法人プログラミング研修を受講した方のアンケート内容について説明を行います。

エンジニア研修での日報作成の目的とは?

2019-08-19 15:52

日報作成は日々の振り返りを行い、翌日以降に改善策を実行できるメリットがあります。日報を作成する事で人材育成の質、考える力・ビジネススキル・ヒューマンスキルを高める事ができ、エンジニアとして必要な技術力強化にもつながり中長期的に活躍できる人材になる事ができます。

エンジニア研修を外部受講している時の社員管理について

2019-08-27 19:36

外部のエンジニア研修会社に自社社員の長い間依頼する時、担当者にとっては社員管理をどうしたら良いかと悩む機会が多いと思います。 今回ジョブサポートの法人研修を受講していた企業の従業員の管理方法について一部記載していきます。

直近2~3年のプロエンジニア育成コース(Java・Spring)の受講者の傾向について

2019-10-24 16:46

ここ2~3年でジョブサポートのプロエンジニアコース(Java・Spring)を受講した新人の傾向を記載しています。企業の新人教育担当者が働きやすいと感じる方・働きにくいと感じる方の印象を記載しています。

職業訓練校とジョブサポートのJavaコースの違い

2019-11-01 16:28

職業訓練校(個人向け対象)とジョブサポート(主に法人向け)のJavaコースの違いについて説明しております。ジョブサポートでは受講期間が2~3日、1~3ヶ月と幅広くコースを設けております。

プロエンジニア育成コース(Java)
資料ダウンロードはこちらから
※2021年度新人Java研修もこちらの内容を参照下さい


・ジョブサポートについて
・ジョブサポートの特徴、強み
  研修受講後の意識の変化(グラフ)、仕事に対する意識の変化について
・プロエンジニア育成コースで実現できる事
・プロエンジニア育成コース(Java)研修カリキュラム一覧表
・プロエンジニア育成コース(Java1ヶ月)
  各研修テキストのアンケート調査結果、(アルゴリズム・SQL・Java)
・プロエンジニア育成コース(Java2・3ヶ月)
  情報配信システム開発演習(Java・SQL・Spring)
・Java開発課題のアンケート調査結果
  受講者のアンケートから抜粋
・受講者からの講師評価
・会社概要