「自分で考える力」が育つ
プロ意識を持ったエンジニアへ育成

ジョブサポートは、「自学形式」+「コーチング」を組み合わせた独自の教育方針で、
貴社のビジネスに貢献できるエンジニアを育成できるカリキュラムをご提供しています。

プロエンジニア育成コース」では、「答えを自分で導き出すこと」に注力する事で
成果を出すために必要な問題解決力を育てます。実際の開発業務を想定し、実務に近いスタイルで教育を行い
仕事の取り組み方・技術力・考え方を強化し中長期的に活躍できる人材育成を行います。

短期通学講座(入門3日・基礎5日)」「オンライン・リモート講座」では
プログラミングの基礎理解、Java・フロントエンド(HTML5・CSS・JavaScript)に重点を置き、
スキルチェンジをしたい意欲があるけど長期で業務を抜ける事ができない方、基礎からしっかりプログラミングを
学びたい方向けの講座になります。

2,500名以上の通学研修での育成実績、リピート率約90%(※直近3年間での取引先実績)、
受講者の95%が満足と回答(※主にJava2・3ヶ月コースの受講者)した研修内容で、
「プロ意識を持ったエンジニア」
へ育成いたします。


ジョブサポートの
エンジニア研修コース一覧

プロエンジニア育成コース (Java・フロントエンド)

新卒、中途未経験者向け新人研修としてプログラミングだけでなく、仕事の進め方、考え方などしっかり教育させたいとお考えの企業様はこちらのコースがお薦めです。
  • プロエンジニア育成コース(Java1ヶ月)
  • フロントエンドコース(1ヶ月)
  • プロエンジニア育成コース(Java2ヶ月)
  • プロエンジニア育成コース(Java3ヶ月)

短期通学講座 (入門3日・基礎5日)

新人研修のようにまとまった時間を取る事ができないが、短期で集中してJava、フロントエンド(HTML5・CSS・JavaScript)の基礎知識を学習させたいとお考えの企業にお勧めの講座です。
  • Java入門講座(3日間)
  • Java基礎講座(5日間)
  • フロントエンド入門講座(3日間)
  • フロントエンド入門講座(5日間)

オンライン・リモート講座
(Java・フロントエンド)

通学ができない遠方の企業様などを対象に通学形式ではなく自社・自宅でも通学に近いスタイルで受講ができます。短期通学講座のリモート版になります。
  • Java入門講座(3日間)
  • Java基礎講座(5日間)
  • フロントエンド入門講座(3日間)
  • フロントエンド入門講座(5日間)

ジョブサポートの
エンジニア研修が選ばれる理由

Point
1

プロ意識の土台を育てる

ジョブサポートでは、下記3点を兼ね備えた人材を
「プロ」と定義して、土台を育成します。

①専門知識
 Javaなどの
プログラミング言語、設計などの技術力、開発工程の理解、
 ツールの使い方など

②ビジネススキル
 
コミュニケーション、スケジュール・作業管理、
 チームでの働き方、文章作成など


③仕事の考え方
 目的理解、問題・課題解決力、やり切る力、情報共有、
 作業の振り返り、コスト意識、挨拶・礼儀など


レベルの高い開発テクニックはもちろん、社会人として必要な責任感、
ビジネスマナー、セキュリティ意識など、実務に必要なあらゆる作法を伝授。
※「プロエンジニア育成コース」が対象になります。

企業で成果を出す『考える力を兼ね備えた、
中長期的に成長できるプロ意識を持ったエンジニアを育成します。
Point

「自学形式」と「コーチング」の組み合わせによる独自の教育

ジョブサポートの人材育成方針として「考える力」=応用力を身に付けるため講義中心ではなく、自学形式で相手のレベルに合わせたコーチングスタイルをすべての研修コースに採用しています。比率としては講義・解説40%:自学60%の割合で運営しています。

不安が強い未経験者に自信をつけさせるための指導、既に知識のある人には応用力を強化するなど個人レベルに合わせた教育を行い成果の最大化を目指します。

研修担当者は現役の自社エンジニアが担当します。

Point
3

技術研修と開発実務のギャップを減らし早期離職を防ぐ

技術力の強化のために、講義・個別指導・ヒヤリングを織り交ぜ、
疑問点・不明点を受講者の理解度に合わせたフォローし不安を軽減します。

受講期間中は、自宅でもJavaテキストの予習・復習ができ、
通学内で学びきれなかったカリキュラムもしっかりカバーができます。
定期的に小テストを行い基礎力の理解度もチェックします。

「プロエンジニア育成コース」を受講される場合、仕事に近い形式で開発を体験するため研修とはいえ緊張感を持ち仕事のイメージを身に付ける事ができ、業務配属への不安を軽減し早期離職防止に役立てます。

研修の進捗状況は、『週報』として技術理解度・ヒューマンスキルのレベルを記載した内容を担当者の方へ提出いたします。

研修終了時には、中長期的な人材育成にも活用できる受講者の技術理解度・ヒューマンスキルなどを記載した『研修修了報告書』を配布。

ヒューマンスキル、
コミュニケーション力向上への施策

自分で考える力

教育内容

  • 研修開始時に、各研修課題の目的を伝える。
  • レビュー時に、プログラムの問題点について指摘し、改善策を考えさせる。
  • 毎日の日報で良い点、改善点を記載し翌日に実行し、結果を日々振り返る習慣を身に付ける。

期待する効果

  • 当事者意識を持ち仕事を行う。
  • その目的を達成するように進めさせる。
  • 問題意識を持ち、より安全で読みやすいプログラムを書くにはどうすればよいかを考えるようになる。

報告・連絡・相談

教育内容

  • 質問時は、メモを持参し、講師からの回答のメモを徹底する。
  • 慣れるまで報告・質問時を行う前に内容をまとめる時間と取り、結論→詳細の順番で述べさせる。
  • 不明点は時間を区切り、一人で抱え込ませず講師に相談させる。

期待する効果

  • メモを取るだけでなく、業務に活用する習慣を身に付ける。
  • 簡潔に要領よく話すことができるようになる。
  • 不明点を長時間一人で解決しよう抱え込まず、何をしたいのか・何が分かって・何が分からないかを考える習慣を身に付ける

自己研鑽

教育内容

  • 推薦書籍を紹介して、研修生自身で読み進めてもらう。
  • 定期的に小テストを実施

期待する効果

  •  自己学習の習慣をつけさせる。
  •  できる事、できない事の理解。

納期意識

教育内容

  • 課題の開始時に、1日の作業スケジュールを立てチーム内で共有し、実行させる。

期待する効果

  • 自分の作業予定をしっかり立てられるようになり完了できる。作業効率の向上。

  • 時間=コストを意識するようになる。

ドキュメント力

教育内容

  • レビュー後にレビュー記録を作成させる。
  • 朝会で議事録を交代制で作成する。

期待する効果

  •  簡潔に文章にまとめる力がつく。 

ソースコード(Java)のコメントの書き方①

読みやすいプログラムを書くにはコメントを書く事も重要です。ジョブサポートのエンジニア研修ではJavaのプログラムを例にコメントがなぜ必要かを早い段階から学び、習慣付けていきます。コメントの書き方は2回に分けて記載していきます。

見やすいソースコード(Java)の書き方①

ジョブサポートではエンジニアのプロとして活躍する土台として、見やすいJavaのソースコードの書き方を早い段階から徹底して指導しています。ただ動くプログラムを書くのではエンジニアの技術面の成長を妨げてしまいます。

Javaのプログラムに適切な名前をつける

読みやすいJavaのソースコードを書くには変数やクラス、メソッド、その他において、適切な名前をつけることが大切です。今回は適切な名前の付け方について記載します。

エンジニア研修(Javaプログラミング研修)での日報作成の目的とは?

日報作成は日々の振り返りを行い、翌日以降に改善策を実行できるメリットがあります。日報を作成する事で人材育成の質、考える力・ビジネススキル・ヒューマンスキルを高める事ができ、エンジニアとして必要な技術力強化にもつながり中長期的に活躍できる人材になる事ができます。

見やすいソースコード(Java)の書き方②

見やすいJavaのソースコードの書き方①に続いて②でも記載していきます。ただ動くプログラムを書くのではエンジニアの技術面の成長を妨げてしまいます。ジョブサポートの法人研修で取り組んでいる事を記載していきます。

お問い合わせ

プロエンジニア育成コース(Java,SQL,Spring)
短期通学講座、オンライン・リモート講座(Java,HTML5・CSS・JavaScript)の
お問い合わせはお気軽にご相談ください!