技術研修(プログラミング研修)での日報作成の目的

職種によって業務日報、週報、月報などを作成する企業は多いと思います。

ジョブサポートの技術研修でも受講者の方達に日報を作成してもらい提出をしてもらっています。


技術研修作成する日報の目的は、「仕事で継続的に成果を出す」ためです。

必要な下記をより効果的に成長を促すためです。


考える力:アルゴリズム、Javaなどプログラミング技術、文章読解力など

ビジネススキル:メール・文章の書き方、情報共有、メモの取り方、

        スケジュール管理など

ヒューマンスキル:報告、連絡、相談、管理者・チームコミュニケーションなど


ジョブサポートでは「プロ意識を持った職業人」を育成するのに、

上記3項目のスキル育成に取り組んでいます。


エンジニアはチームで仕事をすることが多く、どのチームでも継続的に成果を出すには技術力が

高いだけでは上手くいかないケースが多いです。

実際に開発プロジェクトは責任者を中心としたチームで仕事をする為、

同じチームの方と方針、仕事の進め方、担当業務のゴールなど多くの事を知る必要があります。


目次[非表示]

  1. 1.日報では何を記載するのか
  2. 2.日報の運用方法について


日報では何を記載するのか


ジョブサポートの技術研修の日報は下記項目を記載しています。


①研修内容、②本日取り組んだ内容、

③進捗率、④課題と対策、⑤次回の目標、

⑥連絡事項、⑦所感


下記本でも記載していましたが、毎日の小さな積み重ねがスキルアップに繋がり、

技術研修が終わる2~3ヶ月後にはスタート当時よりも大きな変化があります。


1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート 


  1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート | 永谷 研一 |本 | 通販 | Amazon Amazonで永谷 研一の1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート。アマゾンならポイント還元本が多数。永谷 研一作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノートもアマゾン配送商品なら通常配送無料。 https://www.amazon.co.jp/dp/4844374826/



いきなり完璧にできる人はいませんが日々何に取り組み、どのように感じたのかなど考え、

実行する事を繰り返します。オンライン上でのやり取りと違い、通学研修という対人間同士の

やり取りを対面で行います。通常の業務と違い集中して「④課題と対策」に取り組めます。


翌日以降に活かすか微調整をする習慣を身に付ける事でエンジニア研修が終了してからでも

自然と行動ができるようになります。この習慣はプライベートでも活かせると思います。


日報の運用方法について


業務にも関連してきますが日報など提出物は目的を理解してもらい定期的に内容を確認し、

日報の内容に沿ってヒヤリングを行う期間を定期的に作る事が重要です。


目的なく提出を義務づけると毎日同じ文言になったり悪いケースでは提出をしなくなったりなど

意図しない結果になり仕組みとして継続できなくなります。


ジョブサポートでも技術研修の受講者全員が日報をしっかり記載できているかといえば

完璧ではありません。しっかり取り組んでいる人と面倒に感じ適当にごまかす人では、

結果として研修終了時の成長の差が顕著に出て、配属3年程度でさらに大きな差が生まれます。


特に仕事で求められるヒューマンスキル、ビジネススキルは

相手が必要で自分一人だけでは強化できません。

いざ配属されてから取り組むのでは遅すぎ、早期離職のきっかけにもなります。

調べて解決できる知識系のスキルと違い、筋トレ、ダイエットのように

すぐに効果が出ず、変化を感じるのに個人差もあり精神的な負荷が掛かります。

社会人経験が浅い時期に苦手を放置する事で、業務遂行力に大きな影響を与え、

中長期的な視点で見るとスキル強化に大きな影響を与える可能性があります。


経営者、人事部、配属先の責任者は新人教育だけでなく中長期的な人材育成にも

責任を持たなければなりません。


ジョブサポートの技術研修メリットとしては、通学スタイルで行うので業務で求められる

報告・連絡・相談、スケジュール作成・管理など仕事を進める上で必要な動作を、

現役エンジニアが直接指導して強化する事ができます。


通信では難しいコミュニケーションのタイミングの取り方、複数名に対しての説明など

業務に近いスタイルなので仕事のイメージが身に付いてくると思います。


ジョブサポートでは通学スタイルでのプログラミング研修の受入れを随時行っています。

新卒・中途未経験者の方の研修をお考えであればご相談下さい。

Javaコース、フロントエンドコース(HTML・CSS・JavaScript)、

数日レベルの短期コースもアレンジ可能です。


  ジョブサポートの特徴(研修カリキュラム) - エンジニア研修・新人教育のジョブサポート ジョブサポートの研修カリキュラムでは、エンジニアとしての技術力のほか、プロ意識や問題解決力、ヒューマンスキルを身に着けるため、実際のプロジェクトを想定した教育を行っています。エンジニアの研修・新人教育はジョブサポートにお任せください。 Web開発・プログラミング研修(Java・フロントエンド)なら株式会社ジョブサポート



お問い合わせ

プロエンジニア研修・システム開発のお問い合わせはお気軽にご相談ください!
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋 3-11-13 FORECAST 飯田橋 8階