プロエンジニア育成コース
(Java・フロントエンド)よくある質問

下記以外にも気になる点、質問事項などあれば「お問い合わせ」ページから遠慮なくご連絡下さい。

Q.研修開始時期について

A.4月・5月は研修受講者が多く繁忙期のため開始日を複数固定していますが、それ以外の時期は随時調整はできます。

  早めにご相談いただければ固定での開始日はなく月途中からの受け入れもできます。

Q.プロエンジニア育成コース(Java)で期間を2ヶ月、3ヶ月で迷っている

A.2ヶ月コース:社会人経験があったり、学生時代や独学でJavaなどのプログラムを勉強してきた方が適しています。

   3ヶ月コース:新卒・社会人経験がない方でPC操作に慣れてない方・プログラミング未学習はエンジニアとして働く上で不安を払拭できる

   企業様によってはJava2ヶ月(Java・SQL・Spring)+フロントエンド(HTML5・CSS・JavaScript)1ヶ月などにするケースもあります。

Q.他社と比較して貴社の強みは何か

A.個別指導を軸に個人の理解度に合わせた「コーチングスタイル」で育成をすることです。

   講義やティーチングなら実務経験者でもできますが、実際のビジネスで必要な「考える力」=応用力を身に付けるきっかけ(教育)を

  提供する事がジョブサポートの強みと考え、企業様にとっても費用対効果の高い研修になると思っています。

Q.未経験者は研修カリキュラム通りに進める事ができるのか

 A.本人の研修に取り組む姿勢に左右される要素が大きいですが、8割程度の方はスケジュール通り受講しています。

  大幅に遅れている場合、理解度が追い付いてない方は理解度重視に軌道修正するなど内容変更など企業様には随時相談しております。

Q.各社何名単位で依頼しているのか

A.1名~3名が多いですが、5名以上の企業様もいます。

Q.定員は何名程度か

A.通常の通学は30名でしたが、3密を防ぐため最大10名前後で調整してく予定です。

  受講者が多数の場合、オンライン・リモートで自宅or貴社内での研修受講を推奨しております。

Q.通学研修はどこで実施しているのか

 A.弊社水道橋オフィスで随時実施しています。20年6月から3密を防ぐため、人数制限を設けて通学研修を実施しております。

Q.助成金の訓練計画作成、申請代行などしてもらえるのか

 A.アドバイスという形で提出書類作成、申請などは各企業様にお願いしておりますが、

  弊社が提供する資料で貴社の申請工数を減らす事はできます。

Q.オンライン・リモート受講でも助成金を使えるのか

A.人材開発支援助成金を使用する事ができます。キャリアアップ助成金の場合、在宅での研修は認められてないようです。

Q.受講中の服装は

A.男性はスーツ・女性はオフィスカジュアルで受講する方が多いですが、私服でも問題ありません。

 Q.PCなどは用意してもらえるのか

 A.通学研修では弊社がノートPCを用意致します。

プロエンジニア育成コース(Java,SQL,Spring) 短期通学講座、オンライン・リモート講座 (Java,HTML5・CSS・JavaScript)について お気軽にお問い合わせ下さい。