短期通学講座、オンライン・リモート講座
Java・フロントエンド(HTML5・CSS・JavaScript)
よくある質問

短期通学講座・オンライン・リモート講座を
ご検討される企業様からよく頂く質問をまとめました。

下記以外にも気になる点、質問事項などあれば「お問い合わせ」ページから遠慮なくご連絡下さい。

Q.受講日は限定されているのか

A.固定での開始日はなく月途中からの受け入れもできますのでご相談下さい。

Q.どのような方が受講されるのか

A.通学講座ではJava経験がなくスキルチェンジを希望される方、若手~ベテランエンジニアまで開発工程に関わる機会が少ない方が多い印象です。

  オンライン・リモート講座の場合、実務経験がある方、東京以外の全国の企業のエンジニアの方がスキルチェンジで受講されています。

Q.未経験者は研修カリキュラム通りに進める事ができるのか

 A.復習など本人の研修に取り組む姿勢に左右される要素が大きいですが、8割程度の方はカリキュラム通り受講しています。

  大幅に遅れている場合、理解度が追い付いてない方は理解度重視に軌道修正するなど内容変更など受講者・企業様には随時相談しております。

Q.入門5日コースから期間を延長する事はできるか

 A.延長可能です。入門5日から基礎10日はもちろん、希望する受講範囲により15日など延長する事も可能ですのでご相談下さい。

Q.受講日を複数回に分けて受講できるか

 A.可能ですが日程を複数回に分けて受講の場合、追加費用が幾らか発生する可能性があるため、お問い合わせ下さい。

  期間を空けるほど研修サービスの質、成果が保証できなくなる可能性が高くなるため、連続受講が望ましいです。

Q.オンライン・リモート講座を業務の合間に受講したい

A. 受講は問題ありませんが、受講者の業務の状況で研修時間を確保できず、

  カリキュラムを進める事が出来なくなる可能性がある事は事前にご理解下さい。

  研修効果を期待される場合、まとまった研修時間を確保してから受講頂くのが望ましいです。

  ※自社内で講座を受講される場合、社内ネットワーク環境・セキュリティルールの確認をお願いします。

Q.法人ではなく個人でも受講はできるのか

A.弊社の営業時間内に受講頂く事ができれば問題ありません。個人受講の場合、講座費用は先払いになりますのでご了承下さい。

Q.受講証明書などもらえるか

 A.受講終了後に研修修了報告書を作成し担当者の方に提出致します。

Q.通学研修はどこで実施しているのか

 A.弊社水道橋オフィスで随時実施しています。20年6月から3密を防ぐため、人数制限を設けて通学研修を実施しております。

Q.営業時間はどうなっているか

 A.平日9時~18時(休憩1時間)、1日8時間となっています。

 Q.PCなどは用意してもらえるのか

 A.通学研修では弊社がノートPCを用意致します。

  オンライン・リモートでの受講を希望される場合、ネット環境、PC(カメラ付き)を用意して頂きます。

Javaのオブジェクトの概念を学ぼう。クラスや型などの要点解説

2020-10-29 10:18

Javaは「オブジェクト指向」のプログラミング言語です。Javaを学んでいくためには、「オブジェクトとは何か」を理解することが求められます。オブジェクトの概要をはじめ、クラス・型といったオブジェクトの要点について学んでいきましょう。

Javaにおけるクラスとは。用語の意味や書き方を初心者向けに紹介

2020-10-27 09:15

Javaの学習において、オブジェクト指向を学び始めるとクラスの役割についても使い分ける必要が出てきます。クラスの意味や書き方について、初心者向けに解説します。クラスについて、理解を深めていきましょう。

Javaプログラマーにおすすめの資格。レベルや試験対策と受験料

2020-10-15 10:23

プログラマーとして採用されるためには、資格を取るのも有効です。Javaにどのような資格があるのか、資格の種類や内容について解説します。キャリアに必要な資格取得を目指し、Javaプログラマーとしてのキャリアアップにつなげていきましょう。

    短期講座・
    オンライン・リモート講座は
    こちらからお気軽に
    お問い合わせください。