catch-img

Javaプログラマーにおすすめの資格。レベルや試験対策と受験料

プログラマーとして採用されるためには、資格を取るのも有効です。Javaにどのような資格があるのか、資格の種類や内容について解説します。キャリアに必要な資格取得を目指し、Javaプログラマーとしてのキャリアアップにつなげていきましょう。

目次[非表示]

  1. 1.資格取得は個人にも企業にもメリットあり
    1. 1.1.効率良く習得でき能力を証明しやすくなる
  2. 2.実務に役立つ Oracle認定Javaプログラマ
    1. 2.1.難易度は3段階のレベルに分かれる
    2. 2.2.認定資格のアップグレード
  3. 3.ブロンズ、シルバーどちらから挑戦すべきか
    1. 3.1.受験料や内容を考えSilverから受ける人も
    2. 3.2.シルバーは国際的な資格で初心者も挑戦可能
  4. 4.資格試験対策は?
    1. 4.1.参考書と過去問を活用
    2. 4.2.黒本、紫本、白本とは
  5. 5.必要に応じて取得したいJava関連資格
    1. 5.1.Javaプログラミング能力認定試験
    2. 5.2.基本情報技術者試験
    3. 5.3.Android技術者認定試験
    4. 5.4.その他のOracle認定試験
  6. 6.いずれも持っていて損のない資格


資格取得は個人にも企業にもメリットあり

Javaはプログラム言語の中でも人気があります。Javaを使った案件やプロジェクトの求人も多く、Javaの資格をとることは個人として活動する場合にも、企業が自社のプログラマーにとらせる場合にもメリットがあるものです。

効率良く習得でき能力を証明しやすくなる

Javaの資格は効率よく習得できるのがメリットと言えます。なぜなら、Javaは人気のある言語なので、Javaを教えるプログラミングスクールや教材、参考サイトの数は多いからです。

Javaに関する資格自体も、他のプログラミング言語と比べて多くあります。そのため学習がしやすく、さらに能力を証明できる資格取得も比較的行いやすいのが、Javaを習得するメリットと言えるでしょう。

また、企業が資格者を採用した時には、自社のホームページに何の資格保有者が何人在籍しているのかを公表できるので、社としてのスキルを体外的にもアピールできるメリットもあります。

実務に役立つ Oracle認定Javaプログラマ

Oracle社が認定する資格『Oracle認定Java資格(Oracle Certified Java Programmer、OCJP)』は、Oracle社という開発元が主催するJavaの認定資格です。資格の概要や種類などを紹介します。

難易度は3段階のレベルに分かれる

OCJPは3段階のレベルに分かれ、ハイグレードの資格を保有すればJavaのスペシャリストとみなされるでしょう。試験のレベルはBronze、Silver、Goldの三つです。

Bronzeは、Javaの基礎的な知識主な問題となり、Silverは上級者の指示の下、開発ができるスキルを証明する内容となります。主に開発作業における知識が問われます。

Goldは、Silverの合格者しか受験ができません。上級者向けの資格であり、設計者の意図を理解したプログラミングや、自力で実装できるスキルが求められます。

認定資格のアップグレード

Javaはコンスタンスにバージョンのアップグレードが行われます。実力を証明するためには、現在のバージョンの認定資格を有する必要があります。そのために、ランクによってはアップグレード試験を受ける必要があるのです。

Bronze資格の場合、SE 8のBronzeを保有していれば、そのまま自動的に11へ移行できます。 Gold SE 8を取得している場合は、『Upgrade OCJP Java 6, 7 & 8 to Java SE 11 Developer試験』に合格することでGold SE 11にランクアップします。

ブロンズ、シルバーどちらから挑戦すべきか

Javaの資格はレベルが分かれていますが、Gold以外は特別な受験資格は不要です。そのため、Bronzeから受けるか、高飛びでSilver取得を目指すか悩む人もいるでしょう。

どちらから挑戦するべきか、選択する観点を見ていきましょう。

受験料や内容を考えSilverから受ける人も

まず、受験料はBronzeもSilverも同じ金額です。そのため、Silver取得を目指した方が、かける費用はお得になります。

出題される問題も、実はほとんど同じ範囲から出されるのです。もちろん、Silverではより複雑な処理に関する問題が出題されますが、問題の難易度が極端に上がることはありません。

仮にBronzeから取得しても、客観的に大きくアピールできる資格レベルではないということもあり、Silverから取得を試みる人もいます。

シルバーは国際的な資格で初心者も挑戦可能

Bronzeは国内で権威のある資格ですが、Silverは国際的に認識された資格です。

入社して日が短い人や、独学でスキルを磨いてきたものの業務経験がないといった人でも、この資格を取得すればある程度貢献できる人材だと認められる可能性があります。

Goldの資格取得は経験と知識が必要になるかもしれませんが、Silverは努力次第で初心者でも取得できるレベルと言えるでしょう。

資格試験対策は?

資格勉強をする方法はさまざまです。実機に触ることも大切ですが、合格するためにはある程度の試験対策は必要になるでしょう。おすすめの勉強方法や対策を紹介します。

参考書と過去問を活用

資格勉強をするのであれば、基本的なことは理解する必要があるでしょう。そのためにも、Javaの体系的な知識をまとめた参考書の熟読は必須と言えます。

しかし、参考書を読むだけでは『本当の理解』にはつながりにくいでしょう。過去問を解くことで応用力が身に付いたり、理解度を確認できたりします。

また、試験対策としても過去問は最適です。試験には、過去問と似た問題が出題される傾向があります。合格率を高めるためにも、過去問での対策は有効と言えるでしょう。

黒本、紫本、白本とは

Java資格対策として市販されている定番の本と言えば、黒本・紫本・白本の3種類です。

黒本は。『徹底攻略』の名前で知られる問題集の通称です。出題範囲を網羅した内容になっており、試験では黒本に似た問題が出てくることもあり、人気のある問題集です。

  • 書籍名:徹底攻略Java SE 11 Silver問題集
  • Amazon:商品ページ

紫本はOracle社認定「教科書」の通称です。紫本で基礎知識をインプットし、黒本でアウトプットするのも良いでしょう。または、黒本を解いて紫本で復習する方法もあります。

  • 書籍名:オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Silver SE11
  • Amazon:商品ページ

白本もOracle社認定教科書に分類されますが、こちらは問題集です。より合格率を上げたい人や、黒本だけでは物足りない人におすすめです。また、問題集に白本だけ選択してもよいでしょう。

  • 書籍名:オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Silver SE11 スピードマスター問題集
  • Amazon:商品ページ

必要に応じて取得したいJava関連資格

Javaに関する資格は、OCJPだけでなくさまざまです。必要に応じて取得したい関連資格を紹介します。

Javaプログラミング能力認定試験

『Javaプログラミング能力認定試験』は、サーティファイ情報処理能力認定委員会が主催している試験です。1~3級までレベルが分かれています。

3級と2級はマークシート式ですが、1級はパソコンで実際にコーディングをする実技試験です。

OCJPと併せて取得すれば、よりJavaのコーディングスキルが高いことを証明できるでしょう。

基本情報技術者試験

独立行政法人「情報処理推進機構(IPA)」が主催する『基本情報技術者試験』は、国家資格であり、ITに関する基本的な幅広い知識を有していることを証明するものです。

一見、Javaとは何の関係もないように見えますが、午後の試験ではプログラミング言語が出題されます。言語はC言語やPython、Javaといった代表的なものから選択します。

基本情報技術者試験を取得すれば、Javaの技術だけでなく、幅広いITスキルも理解しているとみなされるでしょう。

Android技術者認定試験

『Android技術者認定試験』は、一般社団法人「IT職業能力支援機構 Android技術者認定試験制度委員会」が実施しており、Androidを開発するために必要なさまざまな知識を試験にしたものです。

スマホのアプリケーションに特化した資格ですが、これらのシステムはJavaで作られる場合が多いのです。

そのため、OCJPと併せてAndroid技術者認定試験の資格を取得すれば、スマホのアプリケーション開発に強いエンジニアであると証明できるでしょう。

その他のOracle認定試験

Oracle社が主催する資格試験は、Javaに限ったものばかりではありません。Oracle Databaseの資格も運営しています。

Javaで作るシステムには、ほとんどの場合データベースが使用されます。Oracle Databaseの資格があれば、データベースとの連携も理解したコーディングスキルを証明できるでしょう。

いずれも持っていて損のない資格

国際的なJavaの資格を保有する社員が増えれば、会社の技術力をアピールできるでしょう。

レベルは3段階に分かれていますが、まずは初級のBronzeから取得させるよりも、中級のSilverを目指す方がおすすめです。

実機に触れたり、研修を開いてスキルを高める手段も有効ですが、合格者を増やすためには試験対策が必要です。参考書の熟読や、過去問を利用するとよいでしょう。

その他、Javaに関連する資格があれば、技術者の客観的な評価はアップします。いずれも持っていて損のない資格となるでしょう。



プロエンジニア育成コース(Java,SQL,Spring) 短期通学講座、オンライン・リモート講座 (Java,HTML5・CSS・JavaScript)について お気軽にお問い合わせ下さい。