catch-img

JavaのSpring Frameworkの特徴を知ろう。役割や開発環境など

Webアプリ開発に使えるさまざまなフレームワークの中でも、今回は「Spring Framework」を解説します。役割や開発環境、Javaとの関係性も見ていきましょう。Spring bootとの違いについても紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.Spring Frameworkの基礎知識について
    1. 1.1.Webアプリ開発に用いられるフレームワーク
    2. 1.2.Javaとの関係は?
  2. 2.Spring Frameworkを使うメリット
    1. 2.1.拡張性が高い
    2. 2.2.保守性に優れている
    3. 2.3.テストがしやすい
    4. 2.4.変更がしやすい
    5. 2.5.再利用性が高い
  3. 3.Spring Frameworkの用途
    1. 3.1.Webシステム開発
    2. 3.2.Webサービスの提供
  4. 4. Spring bootについても知っておこう
    1. 4.1.Spring bootの特徴
    2. 4.2.Spring Frameworkとの違い
  5. 5.Javaでより開発しやすい環境を提供する

Spring Frameworkの基礎知識について

システム開発を効率化するためには、フレームワークを導入するのが有効です。Javaのフレームワークである「Spring Framework」について詳しく見ていきましょう。

まずはSpring Frameworkの概要から解説します。

Webアプリ開発に用いられるフレームワーク

Spring Frameworkとは、主にWeb開発に用いられるフレームワークです。

フレームワークとは、アプリやシステムを開発するため、あらかじめ必要な機能を用意した枠組みを指します。Spring FrameworkはJavaのフレームワークとして、2002年にリリースされました。略して「Spring」と呼ぶ場合もあります。

Javaとの関係は?

Spring Frameworkは、JavaのWebフレームワークです。Javaを用いてWebアプリを開発できます。

Javaの中の数あるWebフレームワークの中でも有力なフレームワークとして、開発されてから長い間、エンジニアの間で使われ続けてきました。

Javaは大規模開発に用いられるケースも多いプログラミング言語であり、効率化するためのフレームワークは必須です。Webシステムの開発やWebサービスの運営に、Spring Frameworkは効果を発揮します。

■関連記事

  Javaの勉強方法は目的で選ぶ。WEBサービス・書籍・研修の特徴 | Java・フロントエンド研修のジョブサポート Javaエンジニアの育成が必要となっても、社内で教育に関するリソースがない場合、システム開発や人事の担当者は方法を巡って頭を悩ませることも多いでしょう。WEBサービス・書籍・研修など、自社で提案できる新人向けの最適な勉強方法を紹介します。 Java・フロントエンド研修のジョブサポート

オンライン・リモート講座(入門5日・基礎10日)-株式会社ジョブサポート

Spring Frameworkを使うメリット

数あるJavaのWebフレームワークの中で、なぜSpring Frameworkが用いられる場面が多いのでしょうか。Spring Frameworkを使うメリットについて解説します。

拡張性が高い

ここで言う拡張性とは、機械やアプリケーションが本来備えている機能をさらに向上させる性能を指します。Spring Frameworkは、性能の向上が行いやすいアプリとして知られています。

また、必要な機能を後から簡単に追加するのも可能で、Javaのオブジェクト指向の特性を最大限に活かせるように設計がなされています。

保守性に優れている

Spring Frameworkは「AOP(Aspect Oriented Programming)」を用いることが可能です。

AOPとは、プログラミング手法の概念の一つで、共通処理を抜き出し、横断的にプログラムを呼び出すものです。プログラミングの「本質的な処理」のみをクラスに書き、そうではない処理を別に書くといったように、処理の分断が行えます。

これによって、例えばログの出力のような機能を、本来のプログラムとは分割して行う事ができます。すると、バグや不具合があった際にどこが問題になっているのかを特定しやすく、解決が容易になるのです。

テストがしやすい

Spring Frameworkは「Spring MVC Test」という優秀なテストプログラム機能が使えます。「Spring MVC Test」は、一つ一つの処理ごとに行う単体テストではなく、コンテナコンテキストの配線やデータアクセスなど、一連の処理をテストする結合テストを行う事が可能です。

このテストによって、バグや問題が発生するかどうかを一連の流れとして確認でき、テストの工数を最小限に抑えられます。

変更がしやすい

Spring Frameworkには「DI」(Dependency Injection)という仕組みが導入されています。

DIとは、「依存性の注入」という意味です。DIを用いれば、オブジェクトの成立要件に必要な情報を、外部に切り離して設定する「コンポーネント」を作成できるようになります。

そのため、オブジェクトを利用する状況が変わっても、設定を変更するだけでそのオブジェクトを利用できるようになります。そのため、修正範囲を最小に留められます。

Javaの開発は大規模なものが多く、仕様変更が頻繁に発生する場合もあり得ます。変更がしやすいのは、Javaを使う上で大きなメリットと言えるでしょう。

再利用性が高い

Spring FrameworkはDIとAOPの仕組みにより、共通プログラムの再利用が容易となります。プログラムが再利用できるため、変更した仕様を元に戻す場合、仕様変更する際に前の機能を使いたいといった場合の修正を、最小限で済ませられます。

プログラムを新しく記述する手間を減らし、工数削減に大きく貢献します。

■関連記事

  新人SEに必要な研修とは。基本を抑えスキルレベルの差を埋める | Java・フロントエンド研修のジョブサポート 自社で新人SEを教育できる人材がいない場合、外部による研修を検討する企業も多いでしょう。スキルに差があると、業務内容にばらつきが生まれ安定しないため、適切な研修が求められます。新人SEに求められるスキルや、研修の選び方を解説します。 Java・フロントエンド研修のジョブサポート

短期Java講座(入門5日・基礎10日)-株式会社ジョブサポート

Spring Frameworkの用途

Spring Frameworkをどのような用途で使うのかを、詳しく解説していきます。

Webシステム開発

ECサイトやネットオークション、ネットバンキングシステムなどのWeb開発は大規模開発になるケースも多くあります。こうした大規模開発においては、拡張性・保守性・再利用性を担保することは不可欠です。

Spring Frameworkは上記で解説したとおり、これらの性能を備えています。Javaのフレームワークの中でも開発をスムーズに行える優れたフレームワークであり、Webシステムの開発に使われる機会はよくあります。

Webサービスの提供

ホームページ上で情報を収集したり、予約や支払いを行うといったWebサービスでも、Spring Frameworkはよく利用されいます。

Webサービスの場合、初期の頃は小規模なものでも、事業が拡大するにつれて大きくしていく必要があります。そのため、拡張性と柔軟性が求められますが、Spring Frameworkであればこの要件を満たすのは難しくありません。

多機能であり、さまざまなWebサービスの開発に用いられています。

■関連記事

  エンジニア研修の仕組みを活用しよう。メリットやカリキュラム解説 | Java・フロントエンド研修のジョブサポート エンジニアの研修を社内で行おうとしても、ノウハウがなければきちんとした研修ができず、結果が伴わなくなってしまいます。エンジニア研修で効果を出すためにも、仕組みや方法について知っておきましょう。メリットやカリキュラムを解説します。 Java・フロントエンド研修のジョブサポート

新人向けプロエンジニア育成コース(Java2、3ヶ月コース)-株式会社ジョブサポート

 Spring bootについても知っておこう

Spring Frameworkの後に生まれた「Spring boot」というフレームワークについて解説します。Spring Frameworkとの違いや、独自の特徴について見ていきましょう。

Spring bootの特徴

Spring Frameworkは多数の機能を備えている一方で、その機能を使い分けるのが困難という欠点を有していました。この欠点を解決するために開発されたのが、Spring bootです。

XML設定ファイルの記述が不要な点や、アノテーションの記述により機能が実装されるため、コーディング量の削減ができる点、Webコンテナを内含している点などによって、簡単に扱えるようになっています。

Spring Frameworkとの違い

Spring Frameworkは多数の機能を備えている一方で、その機能を使い分けるのが困難という欠点を有していました。この欠点を解決するために開発されたのが、Spring bootです。

そのため、Spring bootはSpring Frameworkと比べて機能が使いやすいというメリットがあります。Spring FrameworkよりもWebアプリケーションの開発がしやすくなっています。

しかしながら、Spring bootはあくまでSpring Frameworkを構成する一部に過ぎず、使いこなすにはSpring Frameworkへの理解が必須です。

■関連サイト

  通年開講プロエンジニア育成コース(Java研修1~3ヶ月)-株式会社ジョブサポート 若手、業界未経験者向け通年実施のJava研修です。開発環境(言語、バージョンアップなど)に影響されない技術力、チーム・組織で働くスキル、責任感を身に付けます。通学、オンライン受講の選択ができます。Java・フロントエンドの研修はジョブサポートにお任せ下さい。 Java・フロントエンド研修のジョブサポート


Javaでより開発しやすい環境を提供する

Javaでは大規模開発を行う場合もあります。開発や変更に掛かる工数の削減は、開発を成功させる重要なポイントです。

そうした拡張性や保守性を保つために必要なのが、Spring Frameworkなどのフレームワークです。Javaを使ってより開発しやすい環境を構築するために、フレームワークをうまく活用しましょう。

ジョブサポートでは通年開講で貴社の希望開始日に合わせたJava・フロントエンド研修(通学、オンライン・リモート講座)の受け入れを行っており、助成金を活用すれば費用負担を軽減して研修受講ができるのでお気軽にお問い合わせ下さい。


メールマガジンの購読設定

ジョブサポートの最新情報をお届けするほか、

人事、採用教育担当者、若手エンジニア向けに

役立つ情報をお届けします。

アップロードしています。少々お待ちください。