catch-img

エンジニア初心者が知っておくべきこと。必要なスキルと学習方法

昨今はエンジニアの需要が高まっていて、未経験からエンジニアを目指す人も増えています。エンジニアを志したばかりの初心者は何をすれば良いのでしょうか。エンジニアとして必要なスキルや学習方法について紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.エンジニアの種類について
    1. 1.1.システムエンジニア
    2. 1.2.Webエンジニア
    3. 1.3.データベースエンジニア
  2. 2.初心者エンジニアがやるべきこと
    1. 2.1.キャリアプランを立てる
    2. 2.2.プログラミング学習を行う
    3. 2.3.成果物を人に見せる
  3. 3.初心者エンジニアの学習方法
    1. 3.1.学習サイトの利用
    2. 3.2.プログラミングスクールに通う
    3. 3.3.書籍で勉強する
  4. 4.初心者エンジニアが知っておくべきこと
    1. 4.1.未経験から始めるのは簡単ではない
    2. 4.2.最初に学習する言語は勉強用と割り切る
  5. 5.着実なキャリアアップを目指そう


エンジニアの種類について

エンジニアと言っても色々な職種があります。エンジニアについてよく知らない初心者は混同しがちですが、目指すエンジニアによって習得するプログラミング言語や求められるスキルがまったく異なります。

エンジニアを目指す上でも、まずは自分がどのエンジニアになりたいのかをはっきりさせましょう。今回はITエンジニアを中心にエンジニアの種類を紹介します。

システムエンジニア

SEと略して呼ばれることもあります。ITエンジニアの中でもオーソドックスなエンジニアです。ソフトウェアやアプリケーション開発において、設計から公開後の運営までの一連の流れで作業するエンジニアです。

旅行会社であれば予約システム、マーケティングオートメーションツールの開発などに携わります。外部のシステムエンジニアに依頼することもありますが、より自社向きのシステム開発や運営を考えると、内部にいてもらうメリットも多くあります。

Webエンジニア

Webサイトの設計や、Webサイト内で動くパーツやアプリケーションを開発するエンジニアのことです。Webエンジニアの場合、プログラミング知識以外にもセキュリティやネットワークに関する知識も求められます。

サイトの更新やメンテナンスは定期的に必要になるものです。Webサイトを運用してユーザーに訴求するのであれば、Webエンジニアの存在は欠かせません。

データベースエンジニア

収集した顧客情報の蓄積や分析のために、データベースを活用している企業も増加しています。そうした企業にとって重要な役割を担うのがデータベースエンジニアです。

データベースを扱う場合は、データベース言語という従来のプログラム言語とは異なった言語を使います。従って、他の業種のエンジニアがデータベースの管理をする場合、技術的に不可能な場合も出てきます。

近年はAIの発達やビッグデータの活用が注目されている背景から、データベースエンジニアの注目度もあがっています。

初心者エンジニアがやるべきこと

「エンジニアになりたい」という漠然とした目標では、エンジニアになるのは難しいでしょう。初心者エンジニアは何をすれば良いのかを紹介します。

キャリアプランを立てる

最初は漠然としていても構いません。自分がどうなりたいのか、キャリアプランをある程度立てておきましょう。フリーランスとしてやっていくのか、エンジニアとして就職するのかなどのプランによって計画やルートが変わってきます。

また、上記で紹介したようにエンジニアと言ってもさまざまな種類があり、どのエンジニアを目指すかで習得スキルは異なるのです。 何のエンジニアになるのか、どのようにキャリアアップしていくのかプランニングをしましょう。

プログラミング学習を行う

特にIT領域に踏み込む場合は、プログラミング言語の習得は必須になります。一口にプログラミング言語と言っても、その種類は数百とも言われていて、すべてを学習するには時間が足りません。自分のなりたいエンジニアに合わせて言語を選択することが重要です。

データベース言語であればSQLを、WebエンジニアになりたいのであればHTMLやCSS、プログラマーになりたいのであればJavaといったように、学習する言語を選択し、その使い方を勉強する必要があります。

成果物を人に見せる

プログラムを学習していく過程で、簡単なアプリケーションなどの成果物ができあがってくるでしょう。できあがったものは知り合いのエンジニアや友人に見せたり、Web上で公開したりして、誰かに見せることを意識します。

人に見せることでモチベーションの向上にもつながりますし、改善点などの技術的な部分の指摘を受けることもできます。特にWeb上にアップすることは、自分が就職する際に成果物として提出できる可能性もあります。

作ったものは人に見せることが、スキルとキャリアアップのポイントです。

初心者エンジニアの学習方法

エンジニアとしてスキルをいかに効率よく身につけていくかも重要です。初心者エンジニアにおすすめの学習方法を紹介します。

学習サイトの利用

プログラミング言語を習得できる学習サイトがあるので、利用しましょう。「Progate」や「ドットインストール」が有名です。

学習サイトには、動画だけのサイトや実践式で学べるサイトなど勉強方法も異なりますので、自分に合った学習サイトを選ぶ必要があります。

また、サイトによって扱っているプログラミング言語も異なるので、自分が学びたい言語があるかどうかも加味してサイトを選びましょう。

Progate

ドットインストール

プログラミングスクールに通う

スクールに通って学ぶ方法もあります。直接学校に通わなくても、オンライン通話で家にいながら授業を受けられるスクールもあります。

スクールに通う最大のメリットは「わからないことがあったら講師に質問し、すぐに回答が得られる」という点です。プロの講師から教わることにより、習得速度がかなり向上します。

欠点としては、お金がかかることでしょう。授業料は10万円を超えることも珍しくありません。また、スクールの場合は授業時間を指定されることもあり、スケジュールを組み立てないと継続して通うのが難しくなってしまうこともあります。

書籍で勉強する

書籍で学習するのもオーソドックスな選択肢でしょう。自分のペースでできる、自分のスキルに合わせて学習内容を選べるといったメリットがあります。マイペースに学んでいきたい人におすすめです。

ただしプログラミングを書籍で勉強する場合、動画と比べて手順がわかりにくくなる、ある程度前提知識が必要になるといった問題も生じます。複数の書籍を組み合わせる、他の勉強方法と併用するなど工夫しましょう。

初心者エンジニアが知っておくべきこと

エンジニアとして活動していく上では、いくつか注意すべき点もあります。初心者エンジニアがエンジニアとして活動していく上で知っておきたい注意点や心構えについて解説します。

未経験から始めるのは簡単ではない

エンジニアの人材不足は、よくニュースなどでも話題になります。日本全体の労働力不足とIT化が進んでいることにより、エンジニア市場が枯渇しているのは事実です。

ただし、それは自分で設計から運用までを行える熟練者レベルのエンジニアの話で、未経験者の場合のニーズは少なくなります。特に、活動実績やキャリアのない未経験からエンジニアになるのは、簡単ではありません。

初心者のうちはエンジニアとして活動を始めたもののなかなか内定がとれない、良い待遇の案件がないといった、始める前に抱いていた理想とのギャップに苦しむことがあります。最初から高望みはせず、着実なキャリアアップを目指しましょう。

最初に学習する言語は勉強用と割り切る

プログラミング言語には、業界内の流行もあります。一見すると、多くの企業が採用している言語の方が就職や案件獲得に有利なように思えますが、初心者にはおすすめしません。

なぜなら流行っている言語の中には、相応の開発環境が必要なものであったり、初心者が学ぶには理解が難しいものもあるからです。書籍や参考サイトが少ない言語はそもそも学習することが難しく、挫折する可能性は高まります。

プログラミング言語は、共通している概念や構文もあります。最初のうちは勉強と割り切ってオーソドックスな言語を習得した方が、いざ難しい言語に着手するときのハードルが下がります。

着実なキャリアアップを目指そう

エンジニア業界は人手不足と言われていて、エンジニアへの転向を考える人も増えています。ただし、初心者がエンジニアを目指すハードルは決して低くはありません。

自身の目標を明確に定め、目標にあったプログラミング言語の選択や学習環境の構築を行いましょう。最初から第一線で活躍しようとするのではなく、小さなキャリアからコツコツと積み重ねていくことが重要です。  



プロエンジニア育成コース(Java,SQL,Spring) 短期通学講座、オンライン・リモート講座 (Java,HTML5・CSS・JavaScript)について お気軽にお問い合わせ下さい。