catch-img

エンジニアに独学でなるためのステップ。勉強方法や必要資格も解説

エンジニアには、プログラム言語の習得が不可欠です。効率的な習得には通信講座やスクールが一般的ですが、一流のエンジニアになるには独学でもスキルアップのため学び続ける姿勢も大切でしょう。独学での勉強方法や資格について解説します。

目次[非表示]

  1. 1.独学でエンジニアになるためのステップ
    1. 1.1.何のエンジニアになりたいかを決める
    2. 1.2.学習言語を選ぶ
  2. 2.エンジニアが独学で勉強する方法
    1. 2.1.学習サイトを使う
    2. 2.2.本で学ぶ
    3. 2.3.プログラミングスクールで学ぶ
  3. 3.独学で獲れる資格
    1. 3.1.基本情報技術者試験・応用情報技術者試験
    2. 3.2.オラクルマスター
    3. 3.3.ネットワークスペシャリスト試験
  4. 4.上手にスキルアップしていくことが大切


独学でエンジニアになるためのステップ

エンジニアを目指す際につまずきがちなのが、何の勉強をしていくかということです。手当り次第に全ての言語を学ぶのはあまりに効率が悪く、初心者が最初に目指すのは現実的ではありません。

まずは自分の得意言語・分野を作り、そこから展開・派生していくのが優秀なエンジニアになる近道でしょう。自分が納得できる、エンジニアになるためのステップを紹介します。

何のエンジニアになりたいかを決める

一言でエンジニアといっても、活躍するフィールドによってあらゆる種類があります。

ハードウェアの構築、運用に特化するのであれば、サーバーエンジニアやネットワークエンジニアが選択肢でしょう。

ソフトウェアを中心に開発する人は、システムエンジニアやプログラマーです。ウェブサイトの作成はウェブエンジニアや、ウェブデザイナーと呼ばれます。

技術だけでなく営業力が求められるセールスエンジニア、BI(ビジネス・インテリジェンス)と呼ばれるデータベースに特化したデータベースエンジニアなどもいます。

これらのエンジニアから、まず自分が何になりたいのかを決めましょう。これが決まらなければ、勉強するべきものが大きくブレてしまいます。

学習言語を選ぶ

学習する言語を決めることは、これから自分が携わる業種やサービス内容を決めるといっても過言ではありません。

金融関係や大規模システムを構築したいのであれば、Javaがおすすめです。このあと紹介するPHP、Rubyなども考え方が同じでJavaを理解できるようになると他の言語も学びやすくなります。

中国や欧米出身の外国のエンジニアが集まって構築する場合もあるため、グローバルなコミュニケーションを楽しめる人であれば向いているのではないでしょうか。

PHPやRubyはウェブサービスを構築するために欠かせないプログラム言語です。フレームワークや専門書も豊富にあり、学びやすい環境が用意されています。

AIや機械学習の最先端を目指すのであれば、Pythonを学ぶとよいでしょう。求人は他の言語と比べて少ないかもしれませんが、今後活躍が期待できる技術になります。

エンジニアが独学で勉強する方法

独学でエンジニアのスキルを学ぶには、さまざまな方法があります。状況に応じて使い分けるのもひとつの手段です。おすすめの勉強方法を紹介します。

学習サイトを使う

専門の学習サイトでは、知識を得られるだけでなく、無償で試験環境を提供しているものもあります。座学と実践を繰り返しながら覚えていけるメリットがあるでしょう。

中には、文章ではなく動画で詳しく解説してくれるサイトもあります。初心者にはこちらの方が頭に入りやすいかもしれません。

本で学ぶ

参考書や資格の本などで勉強する方法も効果的です。少額の投資ですぐに学べられますし、公共の図書館を利用すれば、無料で知識を得られます。

本は単純に知識を記述しているものもあれば、実践的な設問が添付されているものもあります。中には、簡単なプログラムを本の手順に沿って作っていく実践的なものも販売されています。

どの種類から始めてもよいのですが、いきなり難しい参考書を購入すると、訳が分からず挫折してしまう恐れがあるでしょう。

自分の状況に見合った、無理のないものを選ぶのがコツです。

プログラミングスクールで学ぶ

早く上達したいのであれば、プログラミングスクールを利用するとよいでしょう。マンツーマンで教えてくれるところであれば、時間の許す限り疑問に答えてくれます。

授業もその人のペースで進められることも多く、経験者が知識や体験を元に、分かりやすく解説してくれます。

独りで参考書を読むだけだとつい集中力が切れてしまう人でも、強制的に学習できるメリットがあります。

独学で獲れる資格

スキルを高めるために資格を取得するのも、効果的な手段です。独学で得られる情報系の資格を紹介します。

基本情報技術者試験・応用情報技術者試験

情報系の国家資格といえば、経済産業省が所管する情報処理技術者試験によって認定される『基本情報技術者』(FE)や『応用情報技術者』(AP)でしょう。システム会社だけでなく、あらゆる業種で求められている資格です。

いずれも高度情報処理技術者への登竜門として位置付けられ、初級・中級レベルに値します。初級・中級とはいえ、広く浅いIT知識が必要になるため、基礎から勉強しないと取得が難しい試験内容です。

オラクルマスター

データベースの大手企業であるオラクル社が運営している資格です。難易度はブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナなどのランクに分かれており、プラチナは実技試験もあります。

オラクルのリレーショナルデータベース管理ソフトウェアは国内で高いシェアを誇っており、マスター資格の取得により技術力の裏付けとなるでしょう。ステップアップ試験のため、いきなりプラチナを受験することはできません。

国家試験と違い、試験日程は予約制です。自分の好きなタイミングで受験でき、CBT方式と呼ばれる選択式で行われるため結果もすぐに分かります。問題集も販売されているため、ある程度自信がついたら受けてみましょう。

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリストも、経済産業省が所管する情報処理技術者試験に分類され、情報処理系の国家資格の中でも難易度の高いスペシャリスト試験の一つです。

これを保持していれば、プロフェッショナルなスキルを有していることを示せます。ネットワークに関して企画開発や運用保守で中心的な役割を果たすことが期待されるでしょう。

マーク式の試験の他に記述式の筆記試験もあり、応用力が試される問題が大半です。

上手にスキルアップしていくことが大切

独学でエンジニアのスキルをアップさせるには、まずは自分がどんなエンジニアになりたいかを決めましょう。目指す像が見えた後は、どのスキルを高めていくかを決定します。

独学で学ぶためには、参考書や学習サイトだけでなく、プログラミングスクールに通うなど、人に頼ることも近道です。

資格を取得すれば、スキルを身に付けられるだけでなく、対外的にも自分の力を示せるようになります。

自分なりにモチベーションを高められる方法を見つけ、うまくスキルアップを目指していきましょう。


プロエンジニア育成コース(Java,SQL,Spring) 短期通学講座、オンライン・リモート講座 (Java,HTML5・CSS・JavaScript)について お気軽にお問い合わせ下さい。