catch-img

職業訓練校とジョブサポートのJavaコースの違い

色々なお客様とやり取りしていると時々「ジョブサポートさんは職業訓練校ではないのですか?」

と言われることがあります。10年ほど前に一時的に職業訓練校を開校してた時期はありましたが

目指したい方向性と噛み合わず結局継続せずに辞めてしまった経緯があります。

自社で実現したいことを考えた時に業務委託で大きな仕事を受けると、決めた方針がぶれてしまい

事業の運営に影響が出てしまいます。

ジョブサポートの研修事業では「プロ意識を持ったエンジニアを育成する」事に目標に運営して

いるため、基礎知識だけでなく一人の社会人としても働く事ができる人材育成を行っています。

今回は弊社のような民間企業と職業訓練を行っている企業の違いについて説明していきます。


目次[非表示]

  1. 1.職業訓練校のJavaコースの特徴
    1. 1.1.入校するために試験がある
    2. 1.2.対象は個人向けで受講終了後は就職活動が必要
    3. 1.3.職業訓練校を受講した人のレベル
  2. 2.ジョブサポートのJavaコースの特徴
    1. 2.1.法人の社員向けに実務に近い技術研修が中心
    2. 2.2.技術面だけでなく、働く意識・コミュニケーション力の強化

職業訓練校のJavaコースの特徴


・主催者(ハローワーク)の依頼(再就職支援)に沿った訓練設備で運営されている。

 ※民間企業、資格取得系の専門学校など職業訓練を柱の事業としている所が多い。

・受講者は求職中の個人の方が対象で年齢層が幅広い。

・3、6ヶ月程度の訓練計画通りに講義中心に基礎教育を進める。

・訓練終了後、就職活動のサポートを行っている。

 ここ最近は職業訓練校内で合同説明会、人材紹介業として受講生を企業へ紹介している。

※主催者から訓練コース開催だけでなく、終了後の就職率も高める必要がある。


入校するために試験がある

訓練を開始するには訓練校の面接を通過する必要があります。希望者全員が好きなコースを

受講できるとは限らず、希望のコースに定員を超えて応募がある場合、入校できない事もある

ようです。訓練校側としては、委託元である国の依頼を実現する必要があるため、訓練終了後に

就職する意思のある方が優先させると思います。

委託元からの条件として訓練実施と受講者の就職率の目標設定があり、条件を満たせないと

今後の訓練委託を受ける事ができなくなる可能性があり学校自体の事業継続が危うくなります。

求職者は景気の波に左右されやすく、景気が比較的良いとされる時は求職者が就職しやすいため、

受講者が少なく、景気が悪い時期についてはなかなか就職できないなどの理由で集まりが良くなる

ようです。近年は就職率が高い影響で職業訓練校にも格差が発生していると聞きました。

立地や訓練内容などで受講生の集まりに差が出ているらしく、コースとしてはプログラミング系、

デザイン系は比較的集まりやすい傾向のようです。


対象は個人向けで受講終了後は就職活動が必要

前提として受講終了後、働く事が前提での訓練になります。そのための準備として国から

手当をもらいながら勉強をします。出欠席なども見られるため遅刻や早退が多いと退校させられて

しまうこともあります。一般的に出欠席1ヶ月8割を維持する必要性があります。

就職先はほとんどがフルタイムなので、訓練校でのリズムに慣れる事が重要になります。

勤怠が乱れては仕事ができないと思われてしまいます。


職業訓練校を受講した人のレベル

受講生の理解度については、疑問視をしている企業も多く受講生を採用した企業様が

ジョブサポートにプログラミングの理解度の確認を依頼して2ヶ月Java教育を依頼される

事もよくあります。

授業はテキストに沿って進められプログラムを真似てみるという技術本と同じ内容を

学ぶ傾向が強く、実際のシステム開発までできる人とできない人で個人差が激しいようです。

あくまでもプログラミングとはどのような内容なのかと触れるレベルと考えた方が

良いと思います。採用面接で来られる応募者の方から内容を聞くことがありますが、

技術本の内容を理解できているかどうかというレベルの方が多い印象です。

中にはエンジニアだけどスキルチェンジのため、学び直したいという40代の方もいたりします。


ジョブサポートのJavaコースの特徴


・基礎~実務よりの開発(Spring)まで経験する事で開発業務のイメージを身に付ける 

・チームで働く上で必要なコミュニケーション力(報告・連絡・相談)を強化する

・管理能力(スケジュール・タスク管理)を高める事ができる

・仕事に近い環境で学ぶ事で程良い緊張感を維持しながら学べる


法人の社員向けに実務に近い技術研修が中心

既に会社に所属している方が中心になるため、緊張感を持って取り組まれる方が多いですが

新卒者はビジネスマナーから指導する事が多いです。各社、ビジネスマナー研修を2日程度

受講されてくる企業様が多いのですが、受講した側があまりイメージができてないようで

弊社に来て指摘を受けて改善していく傾向で、研修開始前と研修終了直前で良い意味で変わる方が

多く弊社側もやりがいにも繋がっています。


技術面についても進め方はカリキュラムに沿って計画通り進めますが、本人の理解度により

進み具合が悪い人もいるため、補講などを行ったりして理解度強化と焦りからくる不安のケアも

行わせて頂いてます。学生時代にプログラミングの授業を学んできた方などは進みが早く、

前倒しでカリキュラムを進める方が多いため、追加課題に取り組んでもらい知識強化を

図っています。期間内でスキルを高める事ができる人は伸ばし、基礎固めが必要な人は基礎と

人のスキルに合った形で進め、働く意識を高めていきます。


開発研修では実際に業務システムは詳細設計~結合試験までの工程を行い、

フレームワークはSpringを使用して開発を行います。実務に近いスタイルで進めるため、

仕事のイメージが身に付き、早期離職を防ぐ事にも役に立ちます。


技術面だけでなく、働く意識・コミュニケーション力の強化

研修対象者が業界未経験で20代中心のため、仕事の考え方や進め方などがまだ固まってない方が

多く、集中して強化する上では良い期間になります。座学で覚えるのではなく、毎日のスケジュー

ル作成、日報での振り返り、講師に対しての報告・連絡・相談などを直接経験する事で仕事の立ち

回り方も上手くなり成果を出しやすくなります。


ジョブサポートでは、Java(Spring)・フロントエンド(HTML5・CSS・JavaScript)コースで

受講生を随時募集しています。期間も2~3日、1~3ヶ月と幅広く対応しております。



  資料ダウンロードフォーム ジョブサポートの新人向けエンジニア研修資料(Java、JavaScript)をダウンロードフォームになります。企業名、氏名、電話番号、メールアドレスを記入して頂くと資料ダウンロードページに案内する事ができます。 Web開発・エンジニア研修(Java・フロントエンド)なら株式会社ジョブサポート



お問い合わせ

新人・未経験者向けエンジニア研修(Java,JavaScript)の
お問い合わせはお気軽にご相談ください!
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋 3-11-13 FORECAST 飯田橋 8階