catch-img

JavaScript入門者が学ぶべきポイント。知っておきたい基礎解説

JavaScriptは汎用性の高い言語ですが、研修を実施するにあたり、どのような内容で進めていけばよいのか、計画段階で悩むことも多いのではないでしょうか。JavaScriptの基礎知識や入門者向けの学習方法などを紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.JavaScriptはどんなウェブ開発ができるのか
    1. 1.1.視覚的な動きを加えられる
    2. 1.2.サーバーから情報を取得する
    3. 1.3.アプリケーションやゲームの制作
  2. 2.JavaScriptの学習を始めよう
    1. 2.1.特別な環境は必要ない
    2. 2.2.JavaScriptの特徴を知ろう
    3. 2.3.オブジェクト指向プログラミングを理解しよう
  3. 3.JavaScriptの基本的な書き方
    1. 3.1.外部ファイルを読む込むのが一般的
    2. 3.2.直接コードを書くことも可能
  4. 4.何から学習すればよいか
    1. 4.1.関数や変数、構文などの基本を学ぶ
    2. 4.2.初めてならばjQueryがおすすめ
    3. 4.3.SPA、Ajax、APIへと展開も可能
  5. 5.楽しみながら学べる言語

JavaScriptはどんなウェブ開発ができるのか

JavaScriptに関する基礎知識を解説します。まずは、どのような言語なのかを押さえておきましょう。

視覚的な動きを加えられる

一般的なウェブサイトは、HTML・CSS・JavaScriptの3言語さえ使えれば相当な水準で作成することが可能です。HTMLはウェブサイトの骨組みを構成し、CSSはウェブサイトを装飾します。

JavaScriptは、ウェブサイトに視覚的な動きを追加できる言語です。HTMLとCSSがウェブサイトの静的な要素を提供するのに対し、JavaScriptは動的な要素を提供する言語だとも言えます。

例えば、組み込まれた画像のスライドショーを表示したり、フォーム画面でリアルタイムに入力エラーを出したりする仕組みは、JavaScriptで作成できるプログラムです。

かつてのウェブサイトは、静的な要素が大半を占めていました。しかし、端末や通信技術の進歩により、近年は多くの企業で、ウェブサイトにダイナミックな動的要素が積極的に取り入れられています。

サーバーから情報を取得する

JavaScriptが持つ大きな特徴の一つとして、サーバー側から情報を取得できることが挙げられます。

ウェブサイトでは、サーバー側と端末側のプログラムを相互に動かすことで、より便利な仕組みを提供することが可能です。

例えば、JavaScriptで作成したプログラムにより、フォームに郵便番号を入力するだけで、対応した住所を自動表示させられます。

また、検索窓に文字や単語を入力するだけで検索候補を一覧表示する機能も、JavaScriptのプログラムにより実現できる仕組みです。

アプリケーションやゲームの制作

JavaScriptでは、ウェブアプリケーションを制作することも可能です。ウェブアプリケーションとは、端末にインストールしなくても動作させられるアプリケーションを指します。

ただし、実際には、ウェブアプリケーションを制作する場合、RubyやPythonなどの言語を併用することがほとんどです。

ウェブゲームに関しても、他言語と併用して制作するのが基本ですが、JavaScriptのみでも開発できます。

JavaScriptの知識を確実に習得したいなら、まずはJavaScriptのみを使用し、簡単なウェブゲームを制作してみるのがおすすめです。

JavaScriptの学習を始めよう

JavaScriptは、プログラミング言語の中でも、比較的取り組みやすいことが特徴の言語です。JavaScriptの学習を始めるにあたり、事前に知っておきたいことを解説します。

特別な環境は必要ない

JavaScriptのメリットとして、学習を始める際に特別な環境を整える必要がないことが挙げられます。ブラウザとテキストエディタさえ用意できれば、すぐに始められることが魅力です。

JavaScriptを試してみたい場合も、HTMLの中に簡単なJavaScriptを記述したり、「.js」の外部ファイルを読み込んだりすれば、HTMLファイルを実行するだけですぐにブラウザで動作を確認できます。

何を学習すればよいか分からない場合も、ネットで検索すれば、JavaScriptの学習コンテンツはいくらでもヒットするでしょう。

中には、体系立ててしっかりと学べるように構成されている学習サイトや、無料で利用できるプログラミング学習アプリなども存在します。上手に活用し、学習に役立てましょう。

JavaScriptの特徴を知ろう

JavaScriptのプログラムは、ブラウザ上でのみ動作します。ブラウザの環境に依存する側面が強く、ブラウザの設定によっては動かない場合があることに注意しましょう。

それぞれのブラウザでは、JavaScriptの動作をOFFにするような設定ができます。学習する前に、JavaScriptの設定を確認することが重要です。

JavaScriptをOFFにする目的としては、セキュリティ対策・広告の非表示・サーバーへのアクセス情報の無効化などが挙げられます。

また、JavaScriptの設定がONの場合でも、ブラウザごとに挙動が異なる可能性があります。開発の際には、主要なブラウザごとに動作をチェックする必要があるでしょう。

オブジェクト指向プログラミングを理解しよう

プログラミング言語は、オブジェクト指向言語と非オブジェクト指向の言語に分けられます。JavaScriptをはじめ、Ruby・PHP・Java・Swift・C++・VBAなどは、全てオブジェクト指向言語です。

「モノ」や「役割」を組み立てるように表現するオブジェクト指向には、プログラムを知らない人でも操作ができる、不正操作やバグを防げるといったメリットがありあます。

オブジェクト指向の概念を理解することは、プログラミングを学習する上でとても重要です。JavaScriptを始めるにあたり、考え方をしっかりと理解しておきましょう。

フロントエンド(HTML5・CSS・JavaScript)入門5日通学講座

オンライン・リモート講座入門5日講座

JavaScriptの基本的な書き方

JavaScriptの基本的な記述方法を紹介します。原則として2パターンあることを理解しましょう。

外部ファイルを読む込むのが一般的

ブラウザ上でJavaScriptを動作させるためには、JavaScriptで記述した外部ファイルを作成し、HTMLファイルに読み込ませるのが一般的です。

外部ファイルは、テキストエディタにJavaScriptを記述し、拡張子を「.js」として保存すれば作成できます。

HTMLファイルで.jsファイルを認識できるよう、JavaScriptプログラムを実行するためのスプリクトタグを記述しておくことも忘れてはいけません。

<script type="text/javascript" src="(ファイル名).js"></script>

という形で記述しておくことで、.jsファイルに記載されたJavaScriptが実行できるようになります。

なお、アクセス解析でよく利用される「Google Analytics」も、あらかじめ用意されているJavaScriptの外部ファイルを読み込ませることで動作します。

直接コードを書くことも可能

JavaScriptのコードは、HTMLファイルに直接記述することも可能です。HTMLファイル内にscriptタグを挿入し、タグ内に記述することで動作させられます。

scriptタグの挿入位置は特に決まっていません。近年は、bodyタグの最後に記述するのが主流です。

直接コードを書くメリットとしては、外部ファイルに比べ、早く読み込んでくれることが挙げられます。ただし、HTMLとJavaScriptが混在したプログラムになるため、修正が面倒になりがちです。

何から学習すればよいか

初心者がJavaScriptを学習するにあたり、初期に取り組むべきことを解説します。最短で習得しやすい学習方法を意識しましょう。

関数や変数、構文などの基本を学ぶ

JavaScriptを初めて学習する場合は、関数・変数・構文といった基礎を、最初に一通り学習しましょう。

関数とは、よく使う処理をまとめて定義し、使い回せる形にしたものです。また、保存しておきたい値や参照を格納しておくための仕組みを変数といいます。

文の組み立てを意味する構文を覚えることも重要です。条件分岐処理を行うif文は、初心者が構文を学ぶのに適しています。実際に書きながら理解しましょう。

JavaScriptの戻り値に困ったら。基本ルールを丁寧に解説

初めてならばjQueryがおすすめ

JavaScript初心者なら、「jQuery」とよばれるJavaScriptライブラリが使えるようになることを目指しましょう。

jQueryは、先に読み込んでおくことで、JavaScriptの記述をより簡単にできるよう設計されたものです。

全くの未経験者やデザイナーを目指す人は、JavaScriptの前にjQueryから学ぶのもよいでしょう。JavaScriptの本格的な学習は、jQueryをマスターしてからでも遅くはありません。

ただし、jQueryは、インターネットエクスプローラー(IE)が廃れていくにつれて消えゆく可能性があるともいわれています。最短でしっかりとJavaScriptを学びたいなら、jQuery抜きでの学習がおすすめです。

SPA、Ajax、APIへと展開も可能

JavaScriptやjQueryを一通り学習しておけば、SPA・Ajax・APIといった、より便利で実用性の高い仕組みへの理解も進むでしょう。

SPA(Single Page Application)とは、ウェブページを遷移させずにコンテンツを切り替えられる設計構造です。動作性の向上や、より高度なウェブ表現を期待できます。

Googleマップで有名になったAjaxも、SPAと同様の仕組みです。JavaScriptでの実装が一般的でしたが、近年はjQueryでの記述がメジャーになりつつあります。

外部サイトやプログラムから、関数などを通してデータを取得できる仕組みがAPI(Application Programming Interface)です。データが変更された場合でも、同じ名前の関数などによるデータ取得ができます。

JavaScriptの最適な学習方法とは?おすすめ学習サイトや書籍紹介

楽しみながら学べる言語

JavaScriptを習得すれば、ウェブサイトに視覚的な動きを加えたり、サーバーから情報を取得したりできます。アプリケーションやゲームを制作することも可能です。

学習を始めるにあたり、特別な環境は必要ありません。他の言語と異なり、やりがいを感じて楽しみながら学習を進められるでしょう。

資料請求はこちらから