catch-img

見やすいソースコード(Java)の書き方②

前回の「見やすいソースコード(Java)の書き方①」では下記を記載していました。

  • インデント(字下げ)を行う
  • タブ or スペース
  • 空白(スペース)を入れる
  見やすいソースコード(Java)の書き方① | Web開発・エンジニア研修(Java・フロントエンド)なら株式会社ジョブサポート ジョブサポートではエンジニアのプロとして活躍する土台として、見やすいJavaのソースコードの書き方を早い段階から徹底して指導しています。ただ動くプログラムを書くのではエンジニアの技術面の成長を妨げてしまいます。 Web開発・エンジニア研修(Java・フロントエンド)なら株式会社ジョブサポート


今回もJavaのソースコードの見た目を整える上で必要な考えを説明していきます。

こちらもジョブサポートのJava研修で習慣付けできる内容になっています。

  ジョブサポートの特徴 - 新人研修・未経験者向けエンジニア研修(Java,JavaScript)のジョブサポート ジョブサポートの研修カリキュラムでは、エンジニアとしての技術力のほか、プロ意識や問題解決力、ヒューマンスキルを身に着けるため、実際のプロジェクトを想定した教育を行っています。エンジニアの研修・新人研修はジョブサポートにお任せください。 Web開発・エンジニア研修(Java・フロントエンド)なら株式会社ジョブサポート



目次[非表示]

  1. 1.空行を入れましょう
  2. 2.波括弧 { } の記述位置を統一する
  3. 3.波括弧 { } は省略せずに書きましょう
  4. 4.一行が長くなりすぎないように

空行を入れましょう


プログラムは色々な処理が組み合わさって出来上がりますが、プログラムが長くなってくると

処理の流れを 追うのが大変になってきます。

この時、まとまった処理ごとにソースコードに空行が挿入されていると、 空行から空行までの

まとまった処理をひとつの「かたまり」と認識して読むことができ、 プログラムの流れが

追いやすくなります。 逆に、ソースコードに空行が全く挿入されていない場合、

どこからどこまでをひとつの処理のまとまりと見てよいのかが分かりづらくなり、

読みずらくなります。プログラムを記述する際は、関連した処理のまとまりを意識して、

下記のように適宜空行を挿入しましょう。



波括弧 { } の記述位置を統一する


Javaでは、波括弧 { } で関数/メソッドや if、for文などのブロックを作りますが、

波括弧を記述する位置は コーディングのスタイルによりさまざまな種類があります。



基本的に、どのスタイルを使用しても問題はありません。 しかし、ひとつのソースファイル内で

複数のスタイルが混在していると、とても読みにくいソースになってしまいます。

波括弧の記述位置のスタイルは、一貫して同じものを使うようにしましょう。

Javaで一般的な、K&Rスタイルでのソースコードの記述例を下記に示します。



波括弧 { } は省略せずに書きましょう


Javaでは、if や for文などで処理が1文の場合は、波括弧を省略して記述することができます。

しかし、処理が1文の場合でも、波括弧は省略せずに必ず記述するようにしたほうがよいです。

波括弧を省略すると、以下のような問題があります。


・文のインデントのみで処理部分を判別しなければならないため、やや明確さに欠ける。

・else-if 等で複数の判定が存在する場合に、波括弧のあるものとないものが混ざっていると

 読みにくくなる。

・ループや判定のネストが深くなると制御文の対応関係が把握しづらくなる。

・その周辺でバグがあった場合、「これは波括弧がなくて本当に大丈夫か?」

 「つけ忘れではないか?」等、括弧の有無による動作の違いやコードの妥当性を

 わざわざ検証しなければならなくなる。

・プログラムの修正の際に処理内容が複数文必要になったとき、処理を追加すると

 同時に記述されていなかった波括弧を付け加えないといけないため、少し面倒。

・if がネストしているときに else-if や else を記述する場合は、その else がどの if に

 かかっているかを把握するためにひとつひとつのifの制御の範囲を確認する必要があり、

 煩雑。うっかり読み誤ると難解なバグになる。


波括弧を必ず記述するようにした場合、若干行数が増えてしまいますが、上記のような問題は

解消されます。 プログラムをより明確にし、余計な誤解を避け、少しでも安全にするため、

波括弧は省略せずに書きましょう。


一行が長くなりすぎないように


ソースコードの各行は、長くなりすぎないようにしましょう。行が長すぎると、

エディタのウィンドウ幅に収まらず、横スクロールバーを操作しなければならなくなります。

コード内容を確認するためにいちいちスクロールバーを操作するのは面倒です。

一般的に一行の長さは半角の 80~100 文字くらいまでに収めるようにしたほうがよいです。

しかし、条件式が複合条件になって if 文が長くなる場合など、行がどうしても長くなってしまう

こともあります。 その場合は適宜改行を入れて読みやすくなるようにする必要があります。

改行する場合はインデントしたほうがよいです。

後続の行と明確に区別できるように2つ分のインデントを行うと読みやすくなります。



次回はJavaを使用して変数やクラス、メソッド等に対する名前の付け方について記載します。

  Javaのプログラムに適切な名前をつける | Web開発・エンジニア研修(Java・フロントエンド)なら株式会社ジョブサポート 読みやすいJavaのソースコードを書くには変数やクラス、メソッド、その他において、適切な名前をつけることが大切です。今回は適切な名前の付け方について記載します。 Web開発・エンジニア研修(Java・フロントエンド)なら株式会社ジョブサポート


ジョブサポートのJava研修では経験問わず人(プログラマ)にも理解できる、読みやすい

プログラムを書くために研修初期の段階から見やすいコードを書く習慣を身に付けます。


  資料ダウンロードページ - 新人・未経験者向けエンジニア研修(Java,JavaScript)のジョブサポート ジョブサポートの新人・未経験者向けプロエンジニア育成コース研修資料(Java)をダウンロードフォームになります。1~3ヶ月の新人向けJavaコースがあり、アルゴリズム、基本的なテキスト、フレームワーク(Spring)を使用した開発演習を行います。 Web開発・エンジニア研修(Java・フロントエンド)なら株式会社ジョブサポート


通年で固定の開始日を設定せずJava通学研修、オンライン・リモートJava研修の受け入れを

行っていて助成金を活用すれば費用を軽減して研修受講ができます。

詳しい詳細についてはお問い合わせ下さい。




お問い合わせ

プロエンジニア育成コース(Java,SQL,Spring)
短期通学講座、オンライン・リモート講座(Java,HTML5・CSS・JavaScript)の
お問い合わせはお気軽にご相談ください!