「開発に必要な基礎」「ビジネススキル」を同時に身に付ける
個別指導のエンジニア研修

2022年11月・12月開始
通年開講プロエンジニア育成コース
(Java研修2~3ヶ月コース)

10月途中から開始を希望される場合ご相談下さい
通学・オンライン受講スタイルの選択ができます

若手・新人エンジニアの成長を阻む

人材育成5つの失敗と解決策

若手・新人エンジニア研修に役立つ情報がダウンロードできます

ジョブサポートの
エンジニア研修の3つの特長

①2500名以上の研修実績、約95%が満足

これまで法人向けエンジニア研修の実績が2,500名以上にのぼり、

様々なケースに対応可能なノウハウを持っています。また、新人研修受講者の

約 95%以上が満足と回答しており、 初学者のサポートに自信があります。

(※Java2・3ヶ月コース直近50名の受講回答より)

②IT知識の格差をサポートする

現役エンジニアによる「個別指導」教育

研修開始時点で既に受講者のIT知識の格差は発生しています。

未経験者の心理的な負荷を減らすため個別指導で

落ちこぼれないようにしっかりサポートします。

知識のある方は応用力、未経験者は基礎強化と受講者の理解に応じて

研修ゴールを柔軟に調整、相談をさせていただきます。

 ③自学形式で問題解決力」を身に付ける

ジョブサポートは暗記型から問題解決思考に切り替えるため

答えを教えず相手の理解度に合わせた教育」をします。

技術力向上の土台になる問題解決力を身に付け、

エンジニアとしての成長に繋げます。

(オンライン形式なら全国の企業が受講でき通学と同様の成果を実現)

エンジニア研修
スケジュール・費用
※助成金を活用すればお得です

Java2ヶ月コース
(2ヶ月目にSpringを使用した開発演習を実施)

研修日程

①2022年11月開始

②2022年12月開始

研修時間:約300H

※月途中の開始も相談可能です

受講費用(1名様)

350,000円(税別)


研修の受講スタイルを選択して下さい

①通学形式

(JR水道橋駅徒歩1分)

②オンライン形式

(全国対応)


下記に近いケースの企業が受講されています

 

①言語知識、社会人経験はあるが、IT業界実務未経験の方で
新人SE・PGに必要なスキル、考え方を学びたい

 

②未経験者に基礎、Springを使用した開発体験をさせ、
Web系エンジニアとして配属前に仕事のイメージをつけたい

 

③配属先があり技術力、エンジニア組織で働くために必要な
コミュニケーション力を若手・新人に身に付けさせたい


Java3ヶ月コース
(3ヶ月目にSpringを使用した開発演習を実施)

研修日程

①2022年11月開始

②2022年12月開始

研修時間:約460H

※月途中の開始も相談可能です

受講費用(1名様)

500,000円(税別)


研修受講スタイルの選択して下さい

①通学形式

(JR水道橋駅徒歩1分)

②オンライン形式

(全国対応)


下記に近いケースの企業が受講されています

 

①開発言語にこだわらず、新人エンジニア研修で
基礎からしっかり学び配属できるSE・PGに育成したい

 

②全くの未経験で基礎から開発体験の流れを一通り経験、
若手Web系エンジニアとして働ける実力を身に付けさせたい

 

③言語知識、社会人経験がある業界未経験者の技術力強化と
新人SE・PGとして働く意識、働き方を身に付けさせたい 


通年Java研修
研修実績はこちら

研修終了までに目指す習得ゴール

①SE、PGに求められる仕事の基礎(技術、ビジネススキル etc)を習得

②配属先の上司の指示を受け、自主的に仕事を進める事ができる

※研修理解度が高く、進捗も早い方はさらに高い実務レベルを目指します


ジョブサポートの
研修で習得できる3つのスキル

 ①基礎技術

開発言語、バージョンアップなどに

影響されない技術力を習得。

仕様書、技術書の読解が

できるようになり、

基礎知識・問題解決力を応用し

変化の激しいWeb開発でも

スキルチェンジが

できるようになります。

②ビジネススキル、責任感

開発チーム・会社で働く

ために必要なコミュニケーション、

スケジュール管理など

講師が随時指導。

社会人・エンジニアとして

リモート、出社どちらでも働ける

スキルを身に付けます。

③実践力

開発演習を1ヶ月かけて実施

基本設計書をもとに「詳細設計~結合

テスト(単体テスト仕様書作成含む)」

を仕事と同じスタイルで行います。

複数名で実施の場合、

受講者の役割に偏りが出ないように

しっかり管理します。

研修の理解度、進捗は週報で随時状況報告。

研修受講後には弊社独自の修了報告書を配布。

配属後、受講者の特性を理解した育成を行う事ができます。

■通年開講プロエンジニア育成コース(Java研修2・3ヶ月コース)

カリキュラム概要

①課題の日程は月の営業日により若干変動があります。オンライン受講の場合、一部内容に変更が出る可能性があります。

②営業日が研修カリキュラムの予定より超過している場合は、苦手箇所の復習・苦手分野の指導を行います。

③自社内で講座を受講される場合、外部アカウントのアクセスが問題ないか、
社内ネットワーク環境・セキュリティルールの確認をお願いします。

ジョブサポート通学研修会場

※通学の定員が埋まった場合、リモートでの受講もご検討下さい。

株式会社ジョブサポート 水道橋オフィス

※こちらが通学研修メインの会場になります。

〒101-0072 

東京都千代田区神田三崎町2-20-7 

水道橋西口会館ビル5階504

アクセス:JR水道橋駅西口から徒歩1分、飯田橋駅から徒歩8分

通学形式では新型コロナウイルス感染症対策の徹底、

ソーシャルディスタンスを確保して運営を行います。

通年開講プロエンジニア育成コース
よくある質問

Q.いつまでに申し込んだら良いか

A.研修開始10営業日前までに一度ご相談下さい。

※助成金を活用する場合、1ヶ月以上前にご相談下さい。

講師が担当できる受講人数を超えてしまった時点で受付終了になりますのでご了承下さい。

Q.2ヶ月、3ヶ月どちらを受講させるか迷っている

A.2ヶ月コース:研修終了後の配属先がある程度決まっていて開発の流れを短い期間で一通り体験させたいと考えている企業様向けです。

         3ヶ月コースより基礎課題の期間が短いため、社会人経験があったり、情報系の大学、専門学校出身者、

         内定者期間中に独学でJavaなどのプログラムを勉強してきた方が適しています。

         

   3ヶ月コース:配属先でJava以外の言語を使う可能性があり、開発言語に依存されない技術知識を身に付けたい企業様向けです。

        新卒・社会人経験がない方でPC操作に慣れてない方・プログラミング未学習はエンジニアとして働く上で不安を払拭するため、

         2ヶ月コースよりも研修速度を緩め基礎課題のボリュームも増やしています。最後の1ヶ月は2ヶ月コースと同じ開発研修を行います。

   ※企業様によってはJava2ヶ月半(Java・SQL・Spring)+フロントエンド(HTML5・CSS・JavaScript)5日などにするケースもあります。

Q.他社と比較して貴社の強みは何か

A. 個別指導で相手のレベルに合わせた指導を行う講師の質です。

現在弊社では研修の質を維持するために講師1名に対して10名以内に設定しております。

    講義やティーチングなどの指導は開発経験者でもできますが、

個人、特に未経験者のレベルに合わせた指導、問題解決力を養う教育、

働く意識を同時に身に付けるのは開発経験だけで身に付かず日々の訓練が必要です。

企業様にとって中長期な視点でも費用対効果の高い研修になると思っています。

 

Q.ビジネススキルなども教育してもらえるのか

A.座学で学ぶマナー研修と違い、毎日の研修で実践して身に付けていただきます。

配属後、在宅・出社を想定した業務に近い環境で行うため、講師と毎日のやり取りでコミュニケーション、

非言語的コミュニケーションを直接指導します。  

Q.未経験者は研修カリキュラム通りに進める事ができるのか

A.本人の研修に取り組む姿勢に左右される要素が大きいですが、8割程度の方はスケジュール通り受講しています。

  大幅に遅れている場合、理解度が追い付いてない方は理解度重視に軌道修正するなど内容変更など企業様には随時相談しております。

 

Q.助成金の訓練計画作成、申請代行などしてもらえるのか

A.サポートを行っており貴社の作業工数の負担を軽減できます。

   計画申請用に必要な研修カリキュラム概要(講義場所、毎日の研修スケジュール計画含む)、見積書

  支給申請用の講義に利用した教材の表紙、週報、研修修了報告書(OFF-JT実施状況報告書の実施内容として使用できます。)

  ※その他、助成金内容によって必要な書類など

研修の予約・お問い合わせはこちら